『ポケモン』開発元のゲームフリーク従業員1名が新型コロナに感染し入院、オフィス閉鎖はなし

ゲームフリーク

ゲームフリークは4月23日、従業員1名に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが4月22日に確認されたと発表しました。当該従業員は管轄保健所と医師の指導に基づいて、医療施設に入院しているとのこと。

ゲームフリークは従業員の新型コロナウイルス感染防止策として、1月末から対面での打ち合わせの見直しや海外への渡航禁止、時差通勤の推奨、手洗い・うがい・マスク着用の励行等を行ってきました。

さらに4月1日からは、原則としてすべての従業員が在宅勤務に順次移行しています。今回陽性反応が出たスタッフも、4月2日以降は出社していないといいます。そのため、ウイルスの潜伏期間(だいたい長くて14日ほどだとされていますね)に社内で他のスタッフと濃厚接触はしておらず、保健所からオフィスの一時閉鎖などの対応は不要と指導されました。

当社従業員の新型コロナウイルス感染について
2020年4月22日(水)、当社(東京都世田谷区)に勤務する従業員1名に、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されました。現在、当該従業員は管轄保健所と医師の指導に基づき、医療施設に入院中です。

via: |GAME FREAK 株式会社ゲームフリーク

新型コロナ感染者は1名出てしまったものの、ゲームフリークとしては今後も社内外への感染拡大防止と、顧客や取引先、従業員およびその家族の安全・健康確保を最優先に、政府の方針に基づいて迅速に対応していくとしています。

陽性反応が出てしまったスタッフの回復を願うばかり。

ゲームフリークは現在、Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の追加コンテンツ「鎧の孤島・冠の雪原」を開発中。すでに2つをセットにした「エキスパンションパス」は発売されており、レーティングもCEROの休業前に「A」(全年齢対象)で評価済み。

スタッフがどのような立場の方なのかは発表されていないため影響を推し量ることは難しいですが、オフィス閉鎖もせずにすんでおり、テレワーク化の中でも開発が順調に進めば「鎧の孤島」は2020年6月末までに、「冠の雪原」は2020年秋に配信開始予定です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。