RCMADIAXが2017年の計画でNintendo Switch対応を表明、New3DSやWiiUにも複数タイトルを投入

RCMADIAX Logo

『ブロークドロップU』や『ヒラメキパズル テトグラム』『スーパーロボマウス』などのタイトルを開発しているデベロッパー RCMADIAX が、任天堂プラットフォーム向けに予定している2017年のリリーススケジュール概要を発表。

ニンテンドー3DSや Wii U だけでなく、任天堂が3月に発売予定の新型ゲーム機 Nintendo Switch の対応ソフトも複数含まれていることが明らかになりました。

具体的なタイトルはまだ不明であるものの、RCMADIAX は Twitter で、2017年Q1(1-3月、あるいは4-6月)の計画見通しが立ち、New3DS向けが2タイトル、Wii U 向けが6タイトルがあると発表。

加えて、Nintendo Switch 向けにも最初のタイトルを2017年Q2〜Q3(4-9月、あるいは7-12月)には準備できるのではないかと任天堂の新型ゲーム機への参入を発表。ホリデーシーズンまでに6〜9タイトルを計画しているとしています。

スタジオのこれまでのリリースペースを考えると、これだけの数が計画されている2017年は相当なハイペース。ソフト開発だけでなく、パブリッシングも強化していく方針のようです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。