【比較】『ファイナルファンタジーVIII』リマスター版の特徴やオリジナルPS版との違い、変わったところ変わらないところ

1999年に初代PlayStationで発売された『FINAL FANTASY VIII』(ファイナルファンタジーVIII、FFVIII、FF8)が、発売開始から20週年の2019年、『ファイナルファンタジーVIII リマスタード』(FINAL FANTASY VIII Remastered) となってPlayStation 4 / Xbox One / Nintendo Switch / PC

【比較】『ファイナルファンタジーX HDリマスター』Nintendo Switch版の特徴や変更点・追加要素、PS4/PS3/Vita/PS2版とのグラフィック比較

『ファイナルファンタジー』シリーズ10作目とその続編のHDリマスター『ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster』がNintendo Switchに対応。大いなる脅威『シン』に立ち向かう少年と少女の切ない物語が、スイッチでも楽しめるようになりました。 PS2オリジナル版の発売はFF10が2001年、FF10-2が2003年でした。その後、PS3やPS Vita、PS4でも発売されてい

【比較】『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』Nintendo Switch版の特徴や変更点・追加要素、PS4版とのグラフィック比較

2006年のPS2ソフト『ファイナルファンタジーXII』の海外版(インターナショナル版)をベースに新要素を追加した英語音声版『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム』を、さらにブラッシュアップしたHDリマスター版『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が、2019年4月25日にNintendo Switchでも発売。スイッチでいつでもどこでも

【FF】Nintendo Switchで遊べる『ファイナルファンタジー』シリーズ、発売日や内容・特徴・変更点まとめ

PlayStation プラットフォームの印象が強いスクウェア・エニックスの人気 RPG 『ファイナルファンタジー』シリーズですが、Nintendo Switch 向けにも本編から派生作品まで数多くのタイトルが発売されており、いつでもどこでもプレイすることができます。 FFシリーズのスイッチ展開は、「Nintendo Direct 2018.9.14」にて発表されました。『ファイナルファンタジーV

スクエニ、『ファイナルファンタジー』の展開プラットフォームを拡大

スクウェア・エニックスは9月14日、人気RPGシリーズの『ファイナルファンタジー』シリーズについて、リマスターなどの新作品や複数ナンバリング作品の展開プラットフォーム拡大を発表しました。 Nintendo Direct 2018.9.14にて、複数のシリーズナンバリング作品が、これまで対応していなかったNintendo Switchで発売されることが発表されましたが、Xbox Oneも新たなプラッ

Nintendo Switch版も近日リリース、家庭用ゲーム機向け『ファイナルファンタジーXV ポケット・エディション HD』が配信開始

スクウェア・エニックスは9月7日、PlayStation 4 / Xbox One 版『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション HD』の配信を開始しました。Nintendo Switch 版も近く配信予定。価格は各2,759円+税。Xbox One版は2,700円+税。9月13日までの間、コンソール版の配信開始を記念した1,000円オフセールが実施されます。

[3DS]『THEATRHYTHM FINAL FANTASY』のDLC、追加楽曲は1曲150円

スクエニから2月16日に発売される、ニンテンドー3DS用ソフト『THEATRHYTHM FINAL FANTASY』。本作はFFシリーズのBGMを利用した音ゲーで、ほのぼのしたグラフィックも魅力。3DSのパッケージソフトとして初めて追加コンテンツ(DLC)を配信することが発表されておりましたが、その内容の一部が判明しました。

[Wii Ware] FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS -月の帰還- / スクウェア・エニックス(2009)

1991年にSFCで発売され、その後幾つかのゲーム機に移植・リメイクされた『FINAL FANTASY IV』の続編で、携帯電話で配信されている作品の移植。本編と最終章は800ポイントで、各キャラクターに焦点を当てた追加シナリオは各300ポイント。

[PS2] FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM(ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム)

オリジナルのファイナルファンタジー12(FINAL FANTASY XII)は、ジャッジ仁王立ちのタイトルロゴから格好良くて、久しぶりに発売前から楽しみなFFだった。だけどいろいろあって買う機会を逃し、評価も良くなかった事から敬遠していた。 しかし、やはりシナリオプロット・松野泰己×キャラクターデザイン・吉田明彦というコンビに、サガシリーズの河津秋敏、そして葉加瀬太郎のあのテーマ曲と来たら、これは