【比較】『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』がNintendo Switchにも対応、多数の新機能や以前のバージョンとの違い


ファイナルファンタジー ピクセルリマスター

 

スクウェア・エニックスは Steam / スマートフォン(iOS / Android)で配信中の『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』シリーズについて、対応プラットフォームを拡大し、Nintendo Switch / PlayStation 4 でも発売(Switch/PS4ともにダウンロード専売)。

発売日は2023年4月20日。

価格は『I』『II』が各1,480円(税込)。『III』『IV』『V』『VI』は各2,200円(税込)。6本をまとめた『FINAL FANTASY I-VI Bundle』は9,172円(税込)。

『FFI』~『FFVI』を収録したゲームソフトに、アナログレコードやドットフィギュアセットなどさまざまな限定特典が付いた『ファイナルファンタジーI-VI ピクセルリマスター FF35周年限定特装版』も発売。

『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』とは?

『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』は初代『ファイナルファンタジー』から『ファイナルファンタジーVI』まで、ファミコンからスーパーファミコンで発売された 6 作品を、同じ規格で 2D リマスターした作品群。

現代に遊びやすいよう調整

各作品はオリジナルとなるファミコン版やスーパーファミコン版をもとに、鮮やかな 2D グラフィックとサウンドでリニューアル。シナリオはそのままに、今快適に遊びやすいよう UI(ユーザーインターフェース)やオートセーブ、ゲームバランスなどの調整が施されています。

モンスター図鑑やギャラリー機能、サウンドプレイヤーといったゲームの世界をより深く楽しめる要素も充実。

ドット絵担当は渋谷員子氏

プレイヤーキャラは初期からドット絵キャラを描き続けている渋谷員子氏が直接製作。当時の雰囲気を大事にしつつも、現代の高解像度な環境でも映えるよう丁寧にリニューアルされています。

BGMは植松伸夫氏が完全監修、オリジナル版切替も

BGMに関しても、オリジナル版作曲者である植松伸夫氏が完全監修。原曲のイメージを損なわないようにしながら、ハードの制約で実現できなかったことを加えアレンジされ収録されています。効果音もオリジナルに近づけられています。

なおBGMは今作の「アレンジ」設定と「オリジナル」設定とを切り替えられる機能が搭載されており、好みで選択可能に。

ピクセルフォントが実装

オリジナル版をイメージして新たにピクセルフォントが制作され、テキストのフォントを「モダン」と「クラシック」で切り替えられるようになりました。

モンスター図鑑

モンスター図鑑では遭遇したモンスターがリストに登録されていきます。集めたモンスターを鑑賞するだけでなく、バトルのシミュレーションに使って攻略の研究をすることも可能です。最新のセーブデータを読み込んでバトルができるので、本来ありえないパーティでありえない敵に挑むことも可能。

バトル中もポーズメニューでタイトルに戻れる

バトル中にポーズメニューからすぐにタイトル画面に戻ることが可能に。敵からレアアイテムを盗みたいときに活躍しそう。

カイエンの必殺剣の名前

『FF6』に登場するキャラクター「カイエン」は必殺剣に名前をつけることができました。スーファミ版では決められた感じの組み合わせから選ぶ形でしたが、今回は名前を自由に入力できるようになりました。

便利機能もいろいろ

その他、演出やエフェクトからバトルの仕様まで細かく調整が入っています。「エンカウントON/OFF」や「獲得経験値0~4倍」「獲得できるアビリティポイント(新しいアビリティを解放するのに必要なポイント)が0~4倍」などのゲームブースト機能も追加され、プレイヤーごとに思い思いの遊び方ができるようになりました。

※『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』はは『ファイナルファンタジー』から『ファイナルファンタジーVI』のオリジナル版をベースに新たに開発したリマスター作品です。他のリメイク版などで変更・追加された要素は含まれていないものがあります。

スマホ版・PC版のアップデート対応は

今回の家庭用ゲーム版は『完全版』のような形となっており、多くの新機能が追加され、先にスマホやPCで遊んでいた方にとっては不満が残るところ。アップデートで新機能が追加される予定はあるのでしょうか。スクエニの琢磨尚文プロデューサーによれば「現時点で断言はできないのですが、当然検討はしています。というかすでに調整に入っています」とのこと。

ただし家庭用ゲーム機版を作るのとスマホ・PC版のゲームを作るのは別モノなので、完全に同じ要素を全部反映できるのかがわからない、という状況なのだとか。特にスマホはスペックの違いもあり、すべての要素を実装できるかどうかは細かく検証が必要になってきます。またBGM変更機能については音源が加わるので必要な容量が増加します。

ただアップデートは実現に向けて動いているようなので、スマホ版・PC版ユーザーはアップデートを待ちましょう。あるいは家庭用ゲーム機版を。

ファイナルファンタジーI-VI ピクセルリマスター FF35周年限定特装版

ファイナルファンタジーI-VI ピクセルリマスター FF35周年限定特装版

初代『ファイナルファンタジー』(1987年、ファミコン)の発売から2022年で35周年を迎えた『ファイナルファンタジー』シリーズ。シリーズ生誕35周年を記念した『ファイナルファンタジーI–VI ピクセルリマスター FF35周年限定特装版』も同時発売されます。

『限定特装版』には『ファイナルファンタジー』から『ファイナルファンタジーVI』の6タイトルを1本に収録したパッケージ版ソフトのほか、新たにアレンジされたゲーム音楽を収録したアナログレコード、キャラクターのドット絵を中心に掲載した特別編集のアートブック、貴重なオリジナル版開発資料やゲーム内容をまとめた特別編纂のアルティマニア、ドットキャラクターをフィギュア化したドットフィギュア 8 種が同梱。

販売価格は 33,000 円(税込)。

※『限定特装版』は、スクウェア・エニックス e-STOREのみで販売されるセット商品です。
※ゲームパッケージは、化粧箱には同梱されていません。セットとして一緒に発送されます。


この記事をシェアする

Next

Previous