任天堂、『マリオカートツアー』からガチャ要素「ドカン」を廃止へ

任天堂はスマートフォン向けゲームアプリ『マリオカート ツアー』について、ガチャ要素である「ドカン」を10月に廃止します。 『マリオカート ツアー』は世界的人気アクションレースゲーム『マリオカート』のスマホ向けスピンオフ。プレイヤーはゲーム内通貨ルビーを消費してドカンを打ち上げ、新しいキャラやマシン、グライダーをランダムで入手することができます。

任天堂、『ドラガリアロスト』は11月30日15時でサービス終了。払い戻しに関するアナウンスも

2022年3月に、メインストーリー完結後に一定の期間を経てサービスを終了することが発表されていた任天堂のスマホ向けRPG『ドラガリアロスト』。サービス終了日時が「2022年11月30日15時」に決定したことがアナウンスされています。

【FEH】『ファイアーエムブレム ヒーローズ』が任天堂のモバイルアプリとして初の累計売上10億ドルに到達

任天堂の人気シミュレーションRPG(ロールプレイングシミュレーション)『ファイアーエムブレム』を題材とするモバイル向けゲームアプリ『ファイアーエムブレム ヒーローズ』。2017 年 2 月から配信がスタートした、任天堂としては長期に運営が続けられているタイトルです。 Sensor Tower のトラッキングデータによると、このモバイル向けスピンオフタイトルの累計売上が2022年6月末までに世界10

任天堂モバイル事業の累計売上が18億ドル規模に、稼ぎ頭は『ファイアーエムブレム』

『マリオカート ツアー』や『ファイアーエムブレム ヒーローズ』『どうぶつの森 ポケットキャンプ』『ピクミンブルーム』などが現在サービス提供中の、任天堂のモバイルゲーム。Sensor Tower が mobilegamer.biz に対して提供したデータによると、任天堂はモバイル事業でこれまでに、累計で約 18 億ドル(約 2,350 億円)を稼いだようです。

【ピクミンブルーム】配信開始から6か月の収益は推定530万ドルほど

ピクミンと一緒に歩く、歩いて花を咲かせる、任天堂と『ポケモンGO』の Niantic によるモバイルアプリ『Pikmin Bloom』(ピクミン ブルーム)。2021 年 10 月より順次アプリの配信がはじまってから半年ほどが経過しました。Sensor Tower によると、同アプリの売上はこれまでのところ推定 530 万ドル(約 6.9 億円)となっています。

【逆裁】スマホ版『逆転裁判123HD』配信終了、後継アプリ『逆転裁判123 成歩堂セレクション』へのデータ引き継ぎや違いは

カプコンは2022年3月28日、スマートデバイス向けに配信中の法廷バトルアドベンチャー『逆転裁判123HD』について、2022年6月9日をもって配信を終了すると発表しました。 配信終了以降は、アプリ本体の新規ダウンロードやシナリオの購入、シナリオデータのダウンロードなどは利用できなくなります。 アプリ本体の再ダウンロードや購入済みシナリオのプレイ(iOS版)、端末にデータのダウンロードが完了してい

【ポケ森】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の有料要素「アイテム倉庫」を全ユーザーが利用可能に

任天堂はスマートフォ向けアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』について、月額制サービス「ポケ森 友の会 家具・服 大好きコース」に含まれる「倉庫機能」を、すべてのユーザーに無料開放すると発表しました。 この機能追加を含むアップデートは2022年6月23日に実施される予定です。

【ドラガリアロスト】メインストーリー完結でサービス終了へ

任天堂とサイゲームスが運営するスマートフォン向けRPG『ドラガリアロスト』(iOS/Android)の今後のスケジュールが発表され、メインストーリー完結後一定期間を経てサービスが終了となることが明らかになりました。 具体的なサービス終了時期は改めて発表されます。

【Switchオンライン】スマホアプリが「2.0.0」に更新、オンライン中のフレンド確認やフレンドコード表示など追加

任天堂は Nintendo Switch Online アプリの最新バージョン 2.0.0 をリリース。このバージョンには新しいデザインやオンライン中のフレンドの確認機能などが含まれています。

【スラムダンク】宮城リョータのドリブル練習をただ眺めるアプリ『SLAM DUNK Talkin’ to the Rim 2』リリース

井上雄彦原作の高校バスケットボール漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)。登場キャラクターの中でも特に人気の高い1人である宮城リョータのドリブル練習をただぼんやりと眺めるアプリ『SLAM DUNK Talkin’ to the Rim 2』が App Store / Google Play でリリースされました。価格は 250 円。 2019年に、桜木花道のシュート練習をひたすら見

【ピクミンブルーム】ホリデー期間限定のデコピクミン「ウィンターシール」が登場

任天堂キャラクター「ピクミン」を題材とするスマホアプリ『Pikmin Bloom ピクミンブルーム』。ピクミンたちと一緒に歩いて、花を咲かせたりするほか、拾ってきたアイテムを身につける、“デコピクミン”と呼ばれる愛らしいピクミンの姿も魅力のひとつ。 デコピクミンはレストランやカフェ、デザート、薬局、森、映画館、美術館、空港、ファッションなど様々ありますが、そのうちのひとつ「みちばた」のデコピクミン