【ポケモンGO】2020年の売上は過去最高、前年比31.5%増の12億ドルを記録

Sensor Tower が 2020 年 1 月 1 日から 12 月 14 日までの期間におけるモバイルゲーム世界売上上位を発表。ポケモン × Niantic の位置情報ゲーム『Pokémon GO』(ポケモンGO)は 12 億ドルの収益をあげ 3 位に入りました。1 位は『PUBG Mobile』の 26 億ドルでした。

『ポケモンGO』は 2016 年夏にサービスを開始。徐々にゲットできるポケモンの種類を増やしたり、フレンドと一緒に遊べる機能や、レイドバトルを追加するなどコンテンツの内容も拡充されてきました。2020 年は新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に厳しい外出制限措置がとられ、移動がゲームに大きく関わってくる『ポケモンGO』も苦境に。しかしそんななか、Niantic は在宅でもゲームを遊び続けられるよう一部の仕様を変更するなど対応。結果、売上を落とすどころか2019年と比較して31.5%増加し、過去最高売上を記録しています。

5タイトルが年間10億ドル以上を叩き出した2020年のトップ6は次の通りです。

『PUBG』『ポケモンGO』以外のタイトルを見ていくと、2位はテンセントのMOBA『Honor of Kings』(王者栄耀、Arena of Valor)、4位はイスラエルのMoon Activeが手掛ける『Coin Master』でした。5位は来年 IPO が予定されているロブロックス社の MMO 兼ゲーム作成プラットフォーム『Roblox』。

6位はミクシィのモンストこと『モンスターストライク』が入りました。ミクシィの業績を支えるモンスト、さすがに一時期ほどの勢いではないにせよ、今年は 2019 年と比較して 2.8% の売上増を記録しました。

  1. 26億ドル – PUBG Moblie
  2. 25億ドル – Honor of Kings
  3. 12億ドル – Pokémon GO
  4. 11億ドル – Coin Master
  5. 11億ドル – Roblox
  6. 0.9億ドル – Monster Strike

新型コロナのパンデミックにより、在宅時間が増え、モバイルゲームを楽しむ人が増加。Sensor Tower によれば2020年はこれまでのところ、モバイルゲーム市場は世界754億ドル規模となっており、これは2019年から19.5%の増加です。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大2,000 円分ポイントがもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部楽曲は Ultra HD 対応、より高音質な「Amazon Music HD」もプラス1,000円で聴ける。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック