トレーナーバトルの実装や「Pokémon GOホリデー」など、寒い冬でもゲームを楽しめる施策が実施されている『ポケモンGO』。冬場だけでなく、2018年は年間を通してコミュニティ・デイなどのイベントやアップデートが実施。第2次ブームが到来し、老若男女問わず様々な世代のトレーナーが『ポケモンGO』を遊んでいるシーンを見かけることが珍しくなくなっています。

Sensor Tower Store Intelligence のデータによれば、2018年の『ポケモンGO』売上は2017年を35%上回る7億9500万ドル(1ドル108円として858.6億円)を販売。1日あたりの平均売上は220万ドルで、2017年の160万ドルから60万ドル増加しました。

ポケモンGO:年間売上は約8億ドルで昨年から35%増加

配信開始から2周年を迎えた2018年の『ポケモンGO』。コミュニティ・デイなど多くのイベントが開催され、新コンテンツとしてシンオウ地方のポケモンたちが追加されたほか、レイドバトルにも新たな伝説のポケモンが続々と登場。AR+、さらに待望のPvP対戦機能、トレーナーバトルも実装されました。

ゲームの遊び方が広がるにつれて売上も増加。Sensor Tower によると『ポケモンGO』は2018年に、2017年を35%上回る7億9,500万ドルを販売しました。1日あたりの平均売上は220万ドル。2017年の平均160万ドルから大きく増加しました。

『ポケモンGO』販売の多くを占めているのはアメリカで、全体の33%、2億6,200万ドルが米国市場からもたらされました。シェアとしては2017年と同規模となっています。日本は2億3,900万ドルで全体の30%でした。2017年の25%から5ポイント上昇しています。

2016年7月のローンチ以来、これまでの累計売上は22億ドル。2019年も機能の追加・更新やイベントを実施して18年並の勢いが続けば、2019年末には累計30億ドルに到達する見通しです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で