楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、ウエルシアホールディングスが展開する「ウエルシア」「ハックドラッグ」「ダックス」「BBON」「ハッピードラッグ」など、ドラッグストアのウエルシアグループ約1,800店舗に対応。4月9日より買い物で利用できるようになりました。

これによりウエルシアグループでの買い物に「楽天ペイ」を利用することで、楽天スーパーポイントを貯めたり、あるいは貯まっているポイントを支払いに使うことができます。また支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」に設定すると、楽天ペイ利用分(200円毎に1ポイントの楽天スーパーポイント)に加えて、カード利用分としてさらに100円毎に1ポイントを貯める二重取りも可能です。

ドラッグストア最大手の一角、ウエルシアグループが「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入。全国約1,800のグループ各店舗で、楽天ペイによる支払いが可能となりました。

会計時に「楽天ペイ」アプリのバーコードをレジで読み取ってもらうことで、支払いを済ませることができます。ポイント付与率は200円につき1ポイントの0.5%。支払い元クレジットカードを楽天カードに設定しておくと、楽天カード利用によるポイント(100円につき1ポイントの1%)も貯めることができます。

また貯まっているポイントを支払いに充当することもできます。

以前から多くのドラッグストアで導入されている電子マネー楽天Edyだけでなく、楽天ペイや楽天ポイントカードもじわじわと利用可能な店が増えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で