ぐるなびは3月13日、同社が飲食店向けに提供しているマルチ決済サービス『ぐるなびPay』に、楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が対応し、ぐるなびPay加盟店で順次利用を開始していると発表しました。飲食店が楽天の決済端末を導入していなくても、楽天ペイで支払ができるようになります。

楽天ペイの支払い方式はQRコード表示タイプ。利用者は楽天ペイアプリを起動してQRコードを表示し、店員が専用アプリで読み取ることで決済が完了します。楽天ペイに紐付いたクレジットカードで払うほか、買い物などで貯めた楽天スーパーポイントを使った支払いも可能です。

ぐるなびPayではすでに、各種カード決済に加えて、中国のQRコード決済「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」にも対応しています。国内のQRコード決済がぐるなびPayに対応するのは今回が初めてだということです。

ぐるなびと楽天は2018年7月に業務資本提携を結び、同年10月よりID連携をすることで、ぐるなびネット予約で楽天スーパーポイントを直接貯められるようになっています。

送別会/歓迎会が増える春の歓送迎会シーズンのこの時期、ネット予約&来店で最大8,000ポイントがもらえるなどする5つのキャンペーンが4月30日まで実施されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で