楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」。国内利用者数No.1と言われ、QRコード決済をリードしているサービスです。また支払いに利用できる店も大手を含め徐々に増えてきています。

そうはいっても、自分の利用する店で使えるのかどうかが分かりにくかったり、探しにくかったりすれば、せっかく便利なサービスも自分にとっては無駄なもとと感じてしまいます。

このページでは楽天ペイ(アプリ決済)を使えるお店や店舗について紹介しています。

楽天ペイは街のどこで利用できる?使えるお店一覧

楽天ペイ(アプリ決済)を利用して買い物ができるお店は、楽天ペイ公式ページの「楽天ペイ: アプリ決済が使えるお店」から確認することができます。エリアやジャンル(飲食店、ビューティ、ショッピング、ファッション、暮らし、アミューズメント、交通・旅など)から、利用可能なお店を確認することができます。

ショップはリスト表示で、各店舗の詳細からでないとマップ表示に対応していないのがタマニキズ。地図上で確認できるとどの辺りで使えるのか把握しやすくて便利なのですが。

アプリで検索する

大手から小さなお店まで検索することができますが、外出時にブラウザでこのページから使える店を探すのはなかなかに手間です。「楽天ペイ(アプリ決済)」はスマホアプリ決済サービスですから、お店の検索もアプリを使って調べることができます。

楽天ペイアプリを起動してメニュー>「お店を検索」

ただしこのときもリストで表示されるだけなので(店舗名選択後に住所・マップや電話番号、営業時間を確認可能)、地図で利用できる店の一覧を確認できるとより便利かなと思いますね。

同じ楽天提供の楽天ポイントカードアプリではできるので、対応できないことはないと思うのですが。

地図で調べられる

アプリ内で直接マップが表示されるのではなく、ブラウザに遷移するのですが、地図からも一応調べられるようになりました。

楽天ペイ公式サイトへアクセス>「街でのお支払い」>「使えるお店」>「近くのお店を探す

もしくはアプリを起動して下のバナーから「地図でキャンペーン中のお店を探そう!」をタップ。

楽天ペイ:使える店を探す

位置情報を使い、今いる位置に対応店舗を調べたり、気になるエリアへ移動して「このエリアで再検索」をタップすると、その地域の対応店舗をチェックすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で