【比較】『オクトパストラベラーII』Nintendo Switch版の特徴・パフォーマンス、他機種版との違いは


 

2018年に発売され世界 300 万本(出荷+DL)を突破したスクウェア・エニックス浅野チームによる “HD-2D” RPG『OCTOPATH TRAVELER オクトパストラベラー』の新作『OCTOPATH TRAVELER II オクトパストラベラーII』が2023年2月24日に発売されました。

対応プラットフォームは Nintendo Switch / PlayStation 5 / PlayStation 4 / PC(Steam)。

ドット絵と 3D CG を融合したグラフィック表現 “HD-2D” はより精細なドット絵と多彩なカメラワークでさらなる進化を遂げ、「ソリスティア」と呼ばれる新たな大地で新たな時代に、新たな 8 人の主人公の旅がはじまります。

前作は発売当初 Nintendo Switch 独占タイトルでしたが、今回は PlayStation や Steam でも同時発売。上位機種とのマルチプラットフォームとなる新作はスイッチでどのように動作するのでしょうか。

HD-2D RPG オクトパストラベラーII

ドット絵と 3D CG 演出を組み合わせた“HD-2D”表現を用いたRPG『オクトパストラベラー』の続編『オクトパストラベラーII』が2023年2月24日に発売となりました。ソリスティアと呼ばれる新たな大地で、新たな 8 人の主人公が登場しそれぞれの物語が描かれます。前作と物語のつながりはなく、時代も世界も異なる新たな 8 人の物語。前作を未プレイでも楽しめます。主人公同士が共に行動しストーリーを進行する「クロスストーリー」というシステムも新たに追加されました。

“HD-2D”表現はより精細に美しく、キャラクターの等身が上がり、アニメーションのバリエーションも増加。昼夜の概念も加わってより生き生きとした世界が描かれます。またカメラワーク演出が追加され、バトルやイベントの迫力も増しています。サウンド面もパワーアップ。

機種ごとの解像度・フレームレート・ロード時間 比較

こがめさんによる4機種検証

プラットフォームごとの解像度・フレームレートは以下の通りです。

  • PS5 : 4K / 最大60fps
  • PS4 : 1080p / 最大60fps
  • Nintendo Switch : 720p / 最大30fps
  • Steam : 最大4K / 最大120fps

対応家庭用ゲーム機のうち最も高性能な PS5 では最大 4K / 60fps で動作。美しく滑らかなアニメーションを楽しむことができます。PS4(PS4 Pro を含む)ではフルHD、Nintendo Switch 版は前作と同じ 720p / 30fps での動作となります。Steam版はプレイヤーの環境により最大4K、最大120fpsまで対応。

ロード時間に関してはフィールドもバトルも PS5 が最も速く、PS4、スイッチの順に(Steam版は環境次第)。

Steam版のシステム要件は次の通りです。
最低:
  • OS: Windows® 10 / 11 64-bit
  • プロセッサー: AMD Ryzen™ 3 1200 / Intel® Core™ i3-6100
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: AMD Radeon™ RX 460 / NVIDIA® GeForce® GTX 750
  • DirectX: Version 12
  • ストレージ: 10 GB 利用可能
  • 追記事項: 60 FPS @ 1280×720、プリセット「低」、VRAM 2GB以上
推奨:
  • OS: Windows® 10 / 11 64-bit
  • プロセッサー: AMD Ryzen™ 3 1200 / Intel® Core™ i5-6400
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: AMD Radeon™ RX 470 / Intel® Arc™ A750 / NVIDIA® GeForce® GTX 1060 6GB VRAM
  • DirectX: Version 12
  • ストレージ: 10 GB 利用可能
  • 追記事項: 60 FPS @ 1920×1080、プリセット「最高」、Intel GPU使用時はRAM 16GB必須

今回はより美麗に描写できるPS5/PS4/Steam版が同時発売ということで、スイッチ版は前作と変わらないビジュアルとはいえ相対的に厳しくなってきたかなという印象に。また繰り返し遊ぶ上でロード時間が気になってくるかもしれません。他ハードと比較すると、ですけれど。

スイッチ版は持ち運びできる携帯性があり、TVモードから携帯モードに好きなタイミングで移行してゆるゆるとプレイできる魅力があります。幸い体験版が配信されているので、複数ハードを所有していてどのバージョンを購入しようか悩んでいる場合は、プレイして自分で比較検討してみることをオススメします。


share