NPDグループから、2018年7月度の米国ゲーム小売市場規模が報告。ハードウェアや周辺機器・アクセサリ類の販売が引き続き好調だったことから、2017年7月と比べて14%増の7億4900万ドルとなりました。

ソフトウェア:『オクトパストラベラー』が月間1位

PCを含むソフトウェア販売は12%ダウンの2億4600万ドルでした。月間1位はスクウェア・エニックスの新作RPG『オクトパストラベラー』が獲得(海外では任天堂販売)。Nintendo Switch ソフトが2か月連続で月間1位を獲得しています。

スイッチソフトがトップ10の半数を占める

スイッチはその他のソフトも好調で、3位に『マリオカート8 デラックス』、5位に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、7位に『スーパーマリオ オデッセイ』、そして10位に『マリオテニス エース』も入り、トップ10の半数がスイッチ独占タイトルでした。

任天堂はこの7月、最もソフトウェアを販売したパブリッシャーでした。また年間でもトップパブリッシャーとなりました。NPDグループは任天堂のデジタル販売を集計できていないにもかかわらず、スイッチ市場は成長が持続。売上高は昨年同時期と比較して約70%増加している、フルゲームの売上が伸びている唯一のプラットフォームです。

2位は『グランド・セフト・オートV』でした。4月に発売された『GTA V: Premium Online Edition』が好調だということで、PS4 / Xbox One に強力な新作ソフトが無かった関係もあり、両ハードの月間1位ソフトになりました。

「M」レーティング未満の売上が増加

NPDアナリストのMat Piscatella 氏は、ESRB「M」(17歳以上対象)レーティング未満のソフト(「T」または「E」)のパフォーマンスが上向いていると指摘。「T」もしくは「E」レーティングソフトの売上高は今年これまでで12億ドルとなり、22%の増加。NPDグループがトラッキングしているフルゲーム売上高の消費者支出全体に占める割合は44%となり、1年前と比べてシェアが6ポイント増加しました。『Fortnite』の人気拡大やNintendo Switchがファミリーを中心に支持を得ていることなど、複数の理由が考えられるとしています。

2018年7月 US月間チャート トップ20

  1. Octopath Traveler (オクトパストラベラー)*
  2. Grand Theft Auto V
  3. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  4. Crash Bandicoot: N. Sane Trilogy
  5. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  6. Far Cry 5
  7. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  8. The Crew 2
  9. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  10. Mario Tennis Aces (マリオテニス エース)*
  11. FIFA 18**
  12. Lego Incredibles
  13. God of War (2018)
  14. Captain Toad: Treasure Tracker (進め!キノピオ隊長)*
  15. NBA 2K18
  16. Call of Duty: WWII
  17. Detroit: Become Human
  18. MLB 18: The Show
  19. Minecraft**
  20. Destiny 2**

*デジタル販売を含まず
**PCデジタル販売を含まず

PlayStation 4

  1. Grand Theft Auto V
  2. God of War (2018)
  3. Detroit: Become Human
  4. MLB 18: The Show
  5. The Crew 2
  6. Far Cry 5
  7. FIFA 18
  8. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  9. Horizon Zero Dawn
  10. NBA 2K18

Xbox One

  1. Grand Theft Auto V
  2. Crash Bandicoot: N. Sane Trilogy
  3. PlayerUnknown’s Battlegrounds
  4. Far Cry 5
  5. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  6. The Crew 2
  7. FIFA 18
  8. Call of Duty: WWII
  9. NBA 2K18
  10. Overwatch

Nintendo Switch*

  1. Octopath Traveler (オクトパストラベラー)
  2. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)
  3. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)
  4. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)
  5. Mario Tennis Aces (マリオテニス エース)
  6. Captain Toad: Treasure Tracker (進め!キノピオ隊長)
  7. Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
  8. Crash Bandicoot: N. Sane Trilogy
  9. Donkey Kong Country: Tropical Freeze (ドンキーコング トロピカルフリーズ)
  10. Lego Incredibles

Nintendo 3DS*

  1. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)
  2. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)
  3. WarioWare: Gold (メイド イン ワリオ ゴージャス)
  4. Mario Kart 7 (マリオカート7)
  5. Captain Toad: Treasure Tracker (進め!キノピオ隊長)
  6. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)
  7. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)
  8. Minecraft
  9. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)
  10. Detective Pikachu (名探偵ピカチュウ)

2018年 年間トップ10

  1. Far Cry 5
  2. God of War (2018)
  3. Monster Hunter: World (モンスターハンター:ワールド)
  4. Call of Duty: WWII
  5. Grand Theft Auto V
  6. Dragon Ball Fighterz
  7. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  8. NBA 2K18
  9. MLB 18: The Show
  10. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)

過去12か月間の売上トップ10

  1. Call of Duty: WWII
  2. NBA 2K18
  3. Destiny 2**
  4. Madden NFL 18
  5. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)
  6. Far Cry 5
  7. Star Wars: Battlefront II**
  8. Assassin’s Creed: Origins
  9. Grand Theft Auto V
  10. God of War 2018

ハードウェア:Nintendo Switchが1位

ハードウェアは19%増の2億1700万ドルでした。どのプラットフォームも好調でしたが、特にマイクロソフトと任天堂にとって良い月となりました。Xbox One や Nintendo Switch、またNES Classic Edition(ミニファミコン)のようなプラグアンドプレイデバイスが収益を牽引しました。

7月にアメリカで最も売れたハードはNintendo Switchでした。売上高においても、販売台数においても、両方で月間1位を獲得。2017年3月に発売を開始して以来、売上高1位は7度目のことであり、2017年12月以降では初めてでした。またこの7月の任天堂ハードの販売台数は、2009年以降では最も多くなりました。

Piscatella氏によると2018年のハード売上高は、2011年以降では最高の水準にあります。

マイクロソフトやソニーも引き続き好調です。Xbox Oneプラットフォームの売上高は前年比で50%増、年初来で60%以上の伸びとなっています。一方、2018年の売上1位はPlayStation 4。9月の『スパイダーマン』でもうひと伸びすることが期待されています。予約時点で期待を上回る数字を記録しているのだとか。

周辺機器・アクセサリー

周辺機器・アクセサリー類も好調な売上を記録。前年同月比で49%増の2億8600万ドルとなり、NPDが1995年に集計を開始して以来、過去最高の7月月間売上を記録しました。

年初来の売上高は33%増の21億ドル規模で過去最高。2016年の16億ドルを大幅に上回っています。

この分野の売上を主導しているのは、コントローラーとヘッドセットです。コントローラーおよびヘッドセット/ヘッドホンは売上記録を更新し続けていて、この7月、コントローラーは前回記録を出した2017年7月の売上を24%上回る売上を見せました。ヘッドセット/ヘッドホンもまた、過去最高だった2015年7月の売上を70%以上更新しました。

2018年4月 米国ゲーム市場規模

  • ハードウェア:2億1700万ドル(+19%)
  • ソフトウェア(PC込):2億4600万ドル(▲12%)
  • 周辺機器・アクセサリー:2億8600万ドル(+49%)
  • 全体:7億4900万ドル(+14%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で