NPD グループから、2018年2月における、アメリカゲーム小売市場規模が報告。任天堂、ソニー、マイクロソフトの3社ともにハード売上が好調だったことや、『モンスターハンター:ワールド』の2か月連続1位、Nintendo Switch 効果などにより、前年同月比で23%増を達成しています。

NPD:2018年2月の米ゲーム市場規模

ソフトウェア:『モンハンワールド』が2か月連続1位

ソフトウェア市場の売上高は、前年同月から横ばいの3億9700万ドルでした。月間1位は先月に引き続き『モンスターハンター:ワールド』が獲得。PS4 / Xbox One 双方のチャートで1位を維持しています。まだ2か月ですが、『モンハン:ワールド』は目下2018年の売上1位タイトル。この結果、カプコンが年初来のトップパブリッシャーとなっています。

Nintendo Switch の御三家『マリオカート8 デラックス』『スーパーマリオ オデッセイ』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も引き続きトップ20内に残っています。任天堂は販売金額面において、2月のトップパブリッシャーでした。『マリオカート8 デラックス』は昨年の5月以来にスイッチソフトの1位に返り咲き。

新作では中世が舞台のオープンワールドRPG『Kingdom Come: Deliverance』が8位に入っています。スイッチでリマスターされた『ベヨネッタ2』は14位でした。

2018年2月 US チャート トップ20

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. Call of Duty: WWII
  3. NBA 2K18
  4. ドラゴンボール ファイターズ
  5. Grand Theft Auto V
  6. ワンダと巨像
  7. UFC 3
  8. Kingdom Come: Deliverance
  9. マリオカート8 デラックス*
  10. スーパーマリオ オデッセイ*
  11. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  12. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  13. PlayerUnknown’s Battlegrounds**
  14. ベヨネッタ2*
  15. Madden NFL 18
  16. Assassin’s Creed: Origins
  17. FIFA 18**
  18. ソードアート・オンライン フェイタルバレット
  19. The Sims 4**
  20. Star Wars: Battlefront II

*デジタル販売分を含まず
**PCデジタル販売分を含まず

Xbox One

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. PlayerUnknown’s Battlegrounds
  3. Call of Duty: WWII
  4. Kingdom Come: Deliverance
  5. NBA 2K18
  6. ドラゴンボール ファイターズ
  7. UFC 3
  8. Grand Theft Auto V
  9. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  10. Assassin’s Creed: Origins

PlayStation 4

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. ワンダと巨像
  3. Call of Duty: WWII
  4. ドラゴンボール ファイターズ
  5. UFC 3
  6. NBA 2K18
  7. Grand Theft Auto V
  8. Kingdom Come: Deliverance
  9. Madden NFL 18
  10. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege

Nintendo Switch

  1. マリオカート8 デラックス
  2. スーパーマリオ オデッセイ
  3. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  4. ベヨネッタ2
  5. スプラトゥーン2
  6. ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
  7. マリオ+ラビッツ キングダムバトル
  8. Elder Scrolls V: Skyrim
  9. ARMS
  10. ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

ニンテンドー3DS

  1. ポケットモンスター ウルトラサン
  2. ポケットモンスター ウルトラムーン
  3. ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
  4. マリオカート7
  5. Minecraft: New Nintendo 3DS Edition
  6. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
  7. マリオパーティ100 ミニゲームコレクション
  8. スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS
  9. カービィ バトルデラックス!
  10. スーパーマリオ 3Dランド

2018年のベストセラー トップ10

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. ドラゴンボール ファイターズ
  3. Call of Duty: WWII
  4. Grand Theft Auto V
  5. PlayerUnknown’s Battlegrounds**
  6. NBA 2K18
  7. スーパーマリオ オデッセイ*
  8. マリオカート8 デラックス*
  9. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  10. UFC 3

過去12か月間のベストセラー トップ10

  1. Call of Duty: WWII
  2. NBA 2K18
  3. Destiny 2
  4. Madden NFL 18
  5. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  6. Grand Theft Auto V
  7. Star Wars: Battlefront II
  8. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  9. スーパーマリオ オデッセイ*
  10. マリオカート8 デラックス*

※任天堂ハードはパッケージ版のみ

ハードウェア、周辺機器・アクセサリー

ハードウェア市場は前年同月比55%増の3億1600万ドルでした。昨年2月にはまだ発売されていなかった Nintendo Switch の貢献があり、また今月のトップセラーハードの座を奪還した今世代機の王様 PlayStation 4 や、 Xbox One X の発売で勢いを取り戻した Xbox One も好調でした。売上の伸びはスイッチや Xbox One X によるものだと NPD は説明。

「Nintendo Switch は、過去最高の販売ペースを維持しています。市場に投入されてからの12か月で、Nintendo Switch 米国史上最高のインストールベースを達成しました」

周辺機器・アクセサリー市場も好調でした。前年同月比35%増となり、2月としては過去最高の2億8200万ドルを販売しました。中でも好調だったのはコントローラー部門で、前年同月比で46%増となっています。その他のヘッドセット/ヘッドホン、電源、メモリーカード、ケース等も二桁増の売れ行きを見せ、75%もの大幅減となったインタラクティブトイ(Toys-to-Life)の売上を相殺しています。

2018年2月の米ゲーム小売市場

  • ハードウェア:3億1600万ドル(+119%)
  • ソフトウェア(PC込):3億9700万ドル(–%)
  • 周辺機器・アクセサリー:2億8200万ドル(+35%)
  • 全体:9億9500万ドル(+23%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で