NPDグループから2018年5月の米国ゲーム小売市場規模が報告され、2017年5月を13%上回る6億8500万ドルを達成したことが明らかになりました。この5月はハードウェア販売が好調で、前年同月比で26%拡大。またそれに伴い周辺機器・アクセサリー類も30%増を記録しています。一方、ソフトウェアは4%減となりました。

ソフト:2年連続で前年を下回る

ソフトウェア市場は、PCソフトも含めて2017年5月から4%減少して2億7400万ドルでした。昨年は『Injustice 2』などのローンチがありましたが、今年の新作はそこまでの規模とはならず。5月のソフトウェア販売としては2年連続で前年を下回りました。

5月の販売トップはマイクロソフト / Undead Labs のゾンビサバイバルゲーム『State of Decay 2』。ソフトウェア市場全体では前年を下回る軟調な月でしたが、『State of Decay 2』に関しては前作の2倍近くを販売する滑り出し。MSはデベロッパーを高く評価していて、6月10日、傘下に収めたことを発表しています。

2位は先月1位の『God of War』、早くも年間2位につけています。3位はQuantic Dreamの『Detroit: Become Human』がデビューを飾りました。『Detroit: Become Human』はQuantic Dream開発のタイトルとして過去最高ローンチを更新。『Heavy Rain』を20%上回る出足となっています。『God of War』と『Detroit: Become Human』が好調なセールスを見せていることもあり、ソニーは5月のトップパブリッシャーでした。

ちなみに、2018年の年間1位パブリッシャーはこれまでのところUbisoftが保持、過去12ヶ月ではActivisionがトップだということです。

トップ10内には複数の Nintendo Switch ソフトがチャートイン。『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が5位に、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』は7位でデビューしています。また『マリオカート8 デラックス』も9位でトップ10入り。『スーパーマリオ オデッセイ』や『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』といった定番ソフトも引き続きトップ20圏内をキープしています。

NPDによると、Nintendo Switch ソフトは2017年5月と比較して90%増。定番と新作が合わさり、任天堂プラットフォームの5月のソフト売上としては2011年の Wii 以来最高を記録しました。

2017年5月 USチャート トップ10

  1. State of Decay 2
  2. God of War 2018
  3. Detroit: Become Human
  4. Far Cry 5
  5. Donkey Kong Country: Tropical Freeze (ドンキーコング トロピカルフリーズ)*
  6. Grand Theft Auto V
  7. Hyrule Warriors Definitive Ed (ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX)*
  8. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  9. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  10. NBA 2K18
  11. MLB 18: The Show
  12. Call of Duty: WWII
  13. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  14. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  15. FIFA 18**
  16. Overwatch**
  17. Street Fighter 30th Anniversary Collection
  18. PlayerUnknown’s Battlegrounds
  19. Assassin’s Creed: Origins
  20. Monster Hunter: World

*デジタル販売を含まず
**PCデジタル販売を含まず

Xbox One 月間トップ10

  1. State of Decay 2
  2. Far Cry 5
  3. PlayerUnknown’s Battlegrounds
  4. Grand Theft Auto V
  5. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  6. Call of Duty: WWII
  7. Overwatch
  8. Sea of Thieves
  9. NBA 2K18
  10. FIFA 18

PlayStation 4 月間トップ10

  1. God of War 2018
  2. Detroit: Become Human
  3. Far Cry 5
  4. MLB 18: The Show
  5. Grand Theft Auto V
  6. FIFA 18
  7. NBA 2K18
  8. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  9. Call of Duty: WWII
  10. Overwatch

Nintendo Switch 月間トップ10

  1. Donkey Kong Country: Tropical Freeze (ドンキーコング トロピカルフリーズ)
  2. Hyrule Warriors Definitive Ed (ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX)
  3. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)
  4. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)
  5. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)
  6. Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
  7. Kirby Star Allies (星のカービィ スターアライズ)
  8. Nintendo Labo Toy-Con 01 Variety Kit
  9. Mario & Rabbids: Kingdom Battle
  10. Elder Scrolls V: Skyrim

Nintendo 3DS 月間トップ10

  1. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)
  2. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)
  3. Shin Megami Tensei: Strange Journey Redux (真・女神転生 STRANGE JOURNEY)
  4. Mario Kart 7 (マリオカート7)
  5. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)
  6. Detective Pikachu (名探偵ピカチュウ)
  7. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)
  8. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)
  9. Minecraft: New Nintendo 3DS Edition
  10. Mario Party: The Top 100 (マリオパーティ100 ミニゲームコレクション)

2018年 トップ10

  1. Far Cry 5
  2. God of War 2018
  3. Monster Hunter: World (モンスターハンター:ワールド)
  4. Call of Duty: WWII
  5. Dragon Ball: Fighterz (ドラゴンボール ファイターズ)
  6. Grand Theft Auto V
  7. NBA 2K18
  8. MLB 18: The Show
  9. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  10. PlayerUnknown’s Battlegrounds**

過去12ヶ月の売上トップ10

  1. Call of Duty: WWII
  2. NBA 2K18
  3. Destiny 2**
  4. Madden NFL 18
  5. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  6. Star Wars: Battlefront II**
  7. Far Cry 5
  8. Grand Theft Auto V
  9. Assassin’s Creed: Origins
  10. FIFA 18*

ハードウェア:据置3ハードがいずれも好調、1位はPS4

ハードウェア市場は前年同月比で26%増の1億8600万ドルと好調でした。販売トップはソニーの PlayStation 4 で、年間でも1位の人気が続いています。とはいえ、他ハードも売上は悪くなく、据置3ハードが揃って5月としては過去最高の販売台数を記録。PlayStation 4 は2016年5月を、Xbox Oneは2015年5月を、Nintendo Switch は2017年5月をそれぞれ上回りました。市場規模の拡大はPS4とXbox Oneの貢献が大きいとNPDは指摘しています。

周辺機器

ゲームカード(プリペイドカード)を含む周辺機器・アクセサリー市場も30%拡大して2億2500万ドルでした。ゲームカードの販売が好調だったことに加え、周辺機器類も2011年以来最高の販売規模となりました。ヘッドセットとコントローラーの販売規模が過去最高を記録。このカテゴリーの製品に対する消費は前年5月と比較して2倍に増加、年初来でも83%増加しています。

コントローラーの売上高は前年5月と比較して16%増、年初来で22%の増加。5月、そして今年これまでのところ最も人気だったのは PlayStation 4 用ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 4」でした。

デジタルストアの拡大によって、残高チャージ用のカード販売が好調。またバトルロイヤルゲームのマルチプレイジャンルが人気となっていることで、ヘッドセット市場も拡大しているようです。

2018年5月:米ゲーム小売市場規模

  • ハードウェア:1億8600万ドル(+26%)
  • ソフトウェア(PCソフトを含む):2億7400万ドル(▲4%)
  • 周辺機器:2億2500万ドル(+30%)
  • 合計:6億8500万ドル(▲11%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で