WOWOWで「UEFA EURO 2020 サッカー欧州選手権」の放送が決定、全51試合を生中継・ネット同時配信

映画・スポーツ・海外ドラマみるならWOWOWにて、2020年6月に開幕するヨーロッパ最強国を決める4年に一度のサッカーの祭典「UEFA EURO 2020 サッカー欧州選手権」が放送されます。 全51試合が生中継&ネット同時配信。組み合わせ抽選会の模様や大会の見どころも。

サッカー中継を見るなら「DAZN」で決まりか!? スカパーやWOWOWといった他サービスでの各国リーグ放送状況は?

フランス代表が98年の自国開催大会以来の優勝を飾った2018年 ワールドカップ ロシア大会。日本代表は開幕直前の監督交代などゴタゴタもあって事前の期待は高くありませんでしたが、下馬評を覆して躍進。ベスト16入をはたしました。この活躍で、選手たちのメディアへの露出も増加。世間のサッカーへの関心は高まっているように思います。 加えて今夏、実績・知名度抜群のイニエスタがヴィッセル神戸へ、さらにフェルナン

2026年FIFAワールドカップの開催国や参加国数、出場枠、本大会のレギュレーションなど

4年に1度開催される、サッカーの世界大会「FIFAワールドカップ」。現行体制は32カ国の参加ですが、以前は16や24カ国だったように、回を追うごとに規模が拡大しています。2026年は出場枠がさらに増えて遂に48カ国に。2022年のカタール大会が、32カ国体制での最後のワールドカップとなります。

コナミ、Jリーグのトップパートナーに復帰

コナミデジタルエンタテインメントは26日、2018年1月よりJリーグとトップパートナー契約を締結する事で合意したと発表しました。2014年でいったん契約を終了していたコナミですが、4年ぶりにJリーグのパートナーへ復帰します。このパートナーシップを通じてコナミは、主にスマートフォンを活用してモバイルゲームなどを展開していく予定。

JリーグとNTTドコモ、NTTグループがパートナーシップ契約。AR・VR技術の活用や、スマートスタジアム事業のさらなる推進など関係強化

JリーグとNTTドコモは6月30日、協業を推進する「トップパートナー契約」を締結したと発表しました。同時にNTTグループも「オフィシャルテクノロジーパートナー契約」を締結したことが発表されています。契約期間は2017年7月から2019年2月まで。

スカパー、ドイツ「ブンデスリーガ」の全試合独占放送権・配信権を獲得。18/19シーズンから2シーズン

衛星放送の「スカパー!」を運営するスカパーJSATは16日、ドイツのプロサッカー1部リーグ「ブンデスリーガ」の18/19シーズンから2シーズンの全試合独占放送権・配信権(地上波を除く)を獲得したと発表しました。

楽天がJリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」に、『Jリーグオンラインストア』のリニューアル&運営支援

楽天とJリーグ(日本プロサッカーリーグ)は24日、Jリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」契約の締結で合意したと発表しました。 楽天はこの契約に基づいて、Jリーグと連携し、Jリーグが運営するJ1・J2・J3クラブのスマホカバー等オーダーグッズを販売する「Jリーグオンラインストア」を、7月中旬をめどにリニューアル。その後の運営支援を行っていきます。

Jリーグの2017年オフィシャルパートナーが決定、『FIFA』のEAは継続する一方、コロプラは終了へ

Jリーグは13日、2017シーズンのJリーグオフィシャルパートナー契約について、2016年12月13日までに契約がまとまったパートナー各社を発表しました。 トップパートナーとして、新たに「マスターカード・ジャパン」が加わった一方で、「コロプラ」(2015〜2016年)と「ECC」(2015〜2016年)は撤退となったもようです。

Jリーグ、時計メーカー「タグ・ホイヤー」とオフィシャルパートナー契約。9社目のトップパートナーに

Jリーグに新たなトップパートナーが加わりました。Jリーグは13日、スイスの時計メーカー「タグ・ホイヤー (TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA)」とJリーグトップパートナー契約の締結で合意したと発表しました。トップパートナー契約を締結した会社は、2月に締結した Electronic Arts に続いて9社目となりました。