Jリーグは13日、2017シーズンのJリーグオフィシャルパートナー契約について、2016年12月13日までに契約がまとまったパートナー各社を発表しました。

トップパートナーとして、新たに「マスターカード・ジャパン」が加わった一方で、「コロプラ」(2015〜2016年)と「ECC」(2015〜2016年)は撤退となったもようです。

また、Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナーとして2007年から10年契約が続いてきたスカパーJSATも、今回で契約が終了となっています。

その他、タイトルパートナーの明治安田生命やリーグカップのヤマザキビスケット、スーパーカップの富士ゼロックス、トップパートナー各社などは継続。昨年、契約が話題となった『FIFA』シリーズのエレクトロニック・アーツも継続。『FIFA 18』でもJリーグの収録を期待できそうです。

2017年 Jリーグ オフィシャルパートナー

Jリーグタイトルパートナー

明治安田生命保険相互会社(2015年~)

Jリーグトップパートナー

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社(1996年~)
株式会社アイデム(2005年~)
明治安田生命保険相互会社(2014年~)
ルートインジャパン株式会社(2015年~)
イオンリテール株式会社(2015年~)
Electronic Arts Inc.(2016年~)
TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA(2016年~)
マスターカード・ジャパン株式会社(2017年~)

Jリーグ百年構想パートナー

朝日新聞社(2003年~)

リーグカップスポンサー

ヤマザキビスケット株式会社(1992年~)

スーパーカップスポンサー

富士ゼロックス株式会社(1994年~)

Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナー

アディダス ジャパン株式会社(2005年~)
株式会社モルテン(1993年~)

スポーツ振興パートナー

独立行政法人日本スポーツ振興センター (2003年~)

Jリーグオフィシャルチケッティングパートナー

ぴあ株式会社(2012年~)

Jリーグサポーティングカンパニー

ヤフー株式会社(2015年〜)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible