「ズボラ飯最強の味方食材ランキング」1位は卵 ツナや納豆も人気

普段は自炊をしていても、帰宅時間が遅くなったり疲れたりしていると、サクッと食べられる「ズボラ飯」に流れてしまいがち。皆さんどんな「ズボラ飯」を食べているのか?gooランキングにて、「ズボラ飯最強の味方食材ランキング」というアンケートが実施されていました。集計期間は2018年1月3日〜17日。投票数合計は3,079票。

NPD 2017年12月の米ゲーム小売市場:ニンテンドースイッチが総規模33億ドルとなった月間販売を牽引、月間・年間販売トップセラーソフトは『CoD: WWII』

NPD グループから2017年12月の米国ゲーム小売市場動向が報告。ニンテンドースイッチが月間150万台を突破するなどハードウェアを中心に好調な販売が続いたことで、前年を10%上回る33億ドル規模となったことが明らかになりました。

NPD 2017年11月の米ゲーム小売市場:『CoD: WWII』が年間1位デビュー、ハード1位はPS4

NPD グループから2017年11月の米ゲーム小売市場動向が発表され、月後半にホリデー商戦期の開幕を含む11月の売上高は、ハードウェアを中心にソフトウェア・周辺機器類も前年比でプラスとなり、全体では30%増の26.8億ドルを記録したことが明らかになりました。 ソフトウェアでは『Call of Duty: WWII』が2012年の『Call of Duty: Black Ops II』以来の高水準で

NPD:2017年9月の米ゲーム小売市場、『ミニスーファミ』や『Destiny 2』『NBA 2K18』のヒットで4割増

NPDグループから、2017年9月の米ゲーム小売市場レポートが到着。9月の販売規模はハード、ソフトともに大幅な増加を見せ、昨年の9月を39%上回る12.1億ドルを記録したことが明らかになりました。 ソフト市場では『Destiny 2』や『NBA 2K18』が好調なパフォーマンスを見せたほか、ハード市場では Nintendo Switch や PlayStation 4 が牽引。ミニスーパーファミコ

NPD:2017年8月の米ゲーム小売市場は Nintendo Switch と『Madden NFL 18』が牽引

NPDグループから、2017年8月における米ゲーム小売市場レポートが到着。ハードでは Nintendo Switch が、ソフトでは『Madden NFL 18』が1位となり、市場を牽引したことが明らかになりました。 しかしながら、総売上高は5億6800万ドルで、前年同月比2%の減少。ハードは6%減、ソフトも2%減少しました。唯一、周辺機器・アクセサリ部門が10%のプラスとなり、他部門の減少分をい

2017年6月の米ゲーム小売市場は前年から7%増、ソフトは『鉄拳7』が1位、ハードはPS4がトップに

NPD グループから、2017年6月度の米国ゲーム小売市場の販売動向が報告。『鉄拳7』や『Injustice 2』といった対戦格闘ジャンルが6月のソフト販売を牽引したことが明らかになりました。全体の販売規模は前年同月比7%増の7億6500万ドル。ハードウェアも PlayStation 4 や Nintendo Switch がよく売れ、27%増の2億3100万ドルと上向いています。 6月のセールス

2017年4月の米ゲーム小売市場は10%増、任天堂が引き続き好調、『ペルソナ5』は前作の5倍規模でデビュー

Nintendo Switch や対応ソフトの販売が引き続き好調な任天堂アメリカから、先立って販売成績が報告されていますが、NPD グループから2017年4月期における、米ゲーム小売市場規模レポートが到着。任天堂関連が好調だったこともあり、前年同月比で10%増を達成したことが明らかになりました。

2017年3月の米ゲーム市場:Nintendo Switch の登場により好転、ソフト1位『Ghost Recon: Wildlands』はシリーズ最大初動を記録

先週、任天堂アメリカから NPD の集計にもとづいた Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 関連の初月販売実績が報告されましたが、改めて3月の米国ゲーム市場レポートが NPD グループから到着。非常に好調なローンチとなった Switch の貢献もあり、総売上は前年比24%増の13億6000万ドルを達成しました。

2017年2月の米ゲーム市場は『For Honor』が月間1位、総販売規模は減少続く – NPD

NPDグループから2017年2月のアメリカゲーム小売市場の販売動向が報告され、Ubisoft の『For Honor (フォーオナー)』が月間ソフトウェアチャートにおいて初登場1位を獲得したことが明らかになりました。 総規模は7億2400万ドルで前年同月比21%減。米ゲーム市場は全体的に減少傾向が続いており、ハードが30%もの大幅減となるなど全項目で前年同月を下回りました。

2017年1月の米ゲーム市場は『バイオハザード7』が首位を獲得しソフトは14%増を達成、『ミニファミコン』もまだまだ人気

NPDグループから2017年1月の米ゲーム市場規模が報告され、月間1位を獲得した『バイオハザード7』効果により、ソフトウェア販売が前年同月比で14%増の3億1250万ドルを達成したことが明らかになりました。その他の部門は前年割れとなり、全体では4%減の6億1070万ドルでした。

2016年12月の米国ゲーム市場:『CoD』が9年連続1位、『FF15』はシリーズ初動記録を更新など

NPDグループから2016年12月期のアメリカビデオゲーム市場動向が報告。『FF15』や『ポケモン』などポジティブな数字を見せたソフトがあった一方で、全体の数字としては前年比で大幅ダウンとなった11月に続いて、12月も減少傾向。全項目がマイナスとなり、15%減と厳しい月になりました。

NPD 2016年11月:『ポケモン サン・ムーン』がシリーズ歴代最高の出足、ミニファミコンは初月約20万台

NPDグループが2016年11月のアメリカビデオゲーム市場動向を報告。 ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』がシリーズ過去最高の滑り出しとなったり、ミニファミコンが好調な売上を見せたり、また PlayStation 4 Pro が発売されるなど好材料がいくつかあったものの、市場総規模は2015年11月と比較して24%ダウンと大幅に縮小。20億ドルを割り込み、11月としては