2017年4月の米ゲーム小売市場は10%増、任天堂が引き続き好調、『ペルソナ5』は前作の5倍規模でデビュー

Nintendo Switch や対応ソフトの販売が引き続き好調な任天堂アメリカから、先立って販売成績が報告されていますが、NPD グループから2017年4月期における、米ゲーム小売市場規模レポートが到着。任天堂関連が好調だったこともあり、前年同月比で10%増を達成したことが明らかになりました。

2017年3月の米ゲーム市場:Nintendo Switch の登場により好転、ソフト1位『Ghost Recon: Wildlands』はシリーズ最大初動を記録

先週、任天堂アメリカから NPD の集計にもとづいた Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 関連の初月販売実績が報告されましたが、改めて3月の米国ゲーム市場レポートが NPD グループから到着。非常に好調なローンチとなった Switch の貢献もあり、総売上は前年比24%増の13億6000万ドルを達成しました。

2017年2月の米ゲーム市場は『For Honor』が月間1位、総販売規模は減少続く – NPD

NPDグループから2017年2月のアメリカゲーム小売市場の販売動向が報告され、Ubisoft の『For Honor (フォーオナー)』が月間ソフトウェアチャートにおいて初登場1位を獲得したことが明らかになりました。 総規模は7億2400万ドルで前年同月比21%減。米ゲーム市場は全体的に減少傾向が続いており、ハードが30%もの大幅減となるなど全項目で前年同月を下回りました。

2017年1月の米ゲーム市場は『バイオハザード7』が首位を獲得しソフトは14%増を達成、『ミニファミコン』もまだまだ人気

NPDグループから2017年1月の米ゲーム市場規模が報告され、月間1位を獲得した『バイオハザード7』効果により、ソフトウェア販売が前年同月比で14%増の3億1250万ドルを達成したことが明らかになりました。その他の部門は前年割れとなり、全体では4%減の6億1070万ドルでした。

2016年12月の米国ゲーム市場:『CoD』が9年連続1位、『FF15』はシリーズ初動記録を更新など

NPDグループから2016年12月期のアメリカビデオゲーム市場動向が報告。『FF15』や『ポケモン』などポジティブな数字を見せたソフトがあった一方で、全体の数字としては前年比で大幅ダウンとなった11月に続いて、12月も減少傾向。全項目がマイナスとなり、15%減と厳しい月になりました。

NPD 2016年11月:『ポケモン サン・ムーン』がシリーズ歴代最高の出足、ミニファミコンは初月約20万台

NPDグループが2016年11月のアメリカビデオゲーム市場動向を報告。 ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』がシリーズ過去最高の滑り出しとなったり、ミニファミコンが好調な売上を見せたり、また PlayStation 4 Pro が発売されるなど好材料がいくつかあったものの、市場総規模は2015年11月と比較して24%ダウンと大幅に縮小。20億ドルを割り込み、11月としては

NPD 2016年10月の米ゲーム市場は『BF1』『Mafia III』『GoW4』など新作ソフトが好調、全体の販売規模も6%プラスに

NPDグループから2016年10月期のアメリカビデオゲーム市場規模に関するレポートが到着。 最大商戦期であるホリデー商戦の盛り上がりを前に、『Battlefield 1』『Mafia III』『Gears of War 4』といった秋の有力新作タイトルが多数登場したソフトウェア市場が早くも活況。市場全体の販売金額は8億7570万ドルとなり、2015年10月と比較して6%増を達成しました。

NPD 2016年9月:PS4 Slim発売もXbox Oneがトップを維持、ソフトは『NBA 2K17』が前作超えで首位

NPDグループから2016年9月期におけるアメリカビデオゲーム小売市場レポート(一部デジタル売上を含む)が到着。売上高は8億3820万ドルで、2015年9月の10億9000万ドルから23%減少する結果となりました。

NPD 2016年8月:『Madden NFL 17』など複数新作の登場でソフト市場が上向きに、ハードは新型発売のXbox Oneや3DSが好調

NPDグループから2016年8月のマンスリーレポートが到着。8月のアメリカビデオゲーム市場は『Madden NFL 17』や『No Man’s Sky』『Deus Ex: Mankind Divided』と新作ヒットタイトルが複数登場したことでソフトセールスが昨年の8月を上回る好調。他分野の不調を補って、全体としても下げ止まりを見せ、前年同月比で1%増でした。