『モンスターハンター』のハリウッド映画化も正式発表、映画『バイオハザード』シリーズのスタジオ、監督が制作

カプコンIPが続々映画化。 カプコンと東宝は10月5日、人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』の世界観をもとにしたハリウッド映画の制作が決定したと発表しました。制作はコンスタンティン・フィルム、監督・脚本はポール・W・S・アンダーソン氏が担当。映画『バイオハザード』のスタジオ、スタッフが再びカプコンIPの映画化で指揮を執ります。

カプコン史上初の大台到達、『モンスターハンター:ワールド』が世界1,000万本突破。Steam版配信開始でユーザー拡大

カプコンは20日、2018年1月に発売を開始した『モンスターハンター:ワールド』の全世界出荷本数が、8月20日時点で1,000万本を突破したと発表しました(ダウンロード版を含む)。単一タイトルの1,000万本突破はカプコン史上初。 8月にSteamで配信を開始したことで、家庭用ゲーム機のみでは取り込めなかったより多くのユーザーに訴求。欧米やアジアでの販売が伸びました。

【MHXX】『モンスターハンターダブルクロス』の海外展開が決定、スイッチ版が今夏欧米でリリースへ

カプコンは10日、『Monster Hunter Generations Ultimate (モンスターハンターダブルクロス)』を、今夏欧米市場で発売すると発表しました。対応機種は Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)で、発売日は2018年8月28日。『モンスターハンタークロス』からのセーブデータ引き継ぎ、ローカル/オンラインマルチプレイなど日本版と同等の仕様で楽しむことができ

『モンスターハンター:ワールド』の全世界出荷本数が600万本を突破、カプコン史上最速ペースが続く

カプコンは2月9日、1月26日に全世界で販売を開始した PlayStation 4 / Xbox One 用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について(Xbox One は海外版のみ、PC版も後日発売予定)、全世界出荷本数が600万本を達成したと発表しました。この販売速度は「カプコン史上最速」のペースだとのこと。

カプコン、『モンスターハンター:ワールド』はすでに初年度の目標を達成

カプコンが2018年1月26日に発売を開始した『モンスターハンター:ワールド』。発売から3日でダウンロード版を含め500万本出荷の達成が報告されるなど、カプコンの想定を上回る非常に好調な立ち上がりとなっています。カプコンは具体的な計画本数を伏せているものの、すでに初年度の販売目標を超過したことを明らかにしました。

『モンスターハンター:ワールド』の国内初動は最初週末で135万本。発売3日間でPS4歴代最多セールスを達成

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」(Gzブレイン)は、カプコンが2018年1月26日に発売を開始した PlayStation 4 用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の国内推定販売本数を速報として発表しました。 発売開始から3日間が初週分の集計対象となった『モンスターハンター』最新作は、135万本を販売(限定版、本体同梱版を含む。DL版を含まず)。PS4ソフトとして過去最高の初週販売本数となっ

『モンスターハンター:ワールド』の全世界出荷本数が500万本を突破、発売3日でシリーズ歴代記録を更新

カプコンは1月29日、PlayStation 4 / Xbox One 向けソフトとして1月26日に世界同時発売を開始した『モンスターハンター:ワールド (MONSTER HUNTER: WORLD)』について、ダウンロード版を含む全世界出荷本数が500万本を突破したと発表しました。発売から3日で、シリーズ歴代最高の出荷本数を達成しました(PC版も後日発売予定)。

『モンスターハンター:ワールド』がニンテンドースイッチに対応しない理由とは、カプコンが改めて説明

1月26日、いよいよローンチとなるカプコンのハンティングアクション『モンスターハンター』シリーズ最新作の『モンスターハンター:ワールド』。海外市場でのさらなる飛躍を目指し、久しぶりに据置型ゲーム機で登場する『モンハン』ですが、PlayStation 4 をはじめ Xbox One や PC でもリリースされる中、これまで数作品で蜜月だった任天堂ハードには対応していません。今回、任天堂のゲーム機に対

カプコン、スイッチには『モンハンワールド』ではない別の『モンスターハンター』を検討

カプコンの PlayStation 4 / Xbox One / PC 向け(国内では PS4 のみ)『モンスターハンター』シリーズ最新作『モンスターハンター:ワールド (Monster Hunter: World)』。 『モンスターハンター5』のようなナンバリングではないものの、スピンオフ作品ではないハンティングアクションの『モンハン』最新作として開発されていますが、直近の『モンハン ダブルクロ

カプコンの「モンハン関連で200万本」は新作、『モンスターハンターダブルクロス』を3DS向けに投入

27日20時より放送された「モンスターハンター Direct 2016.10.27」にて、ニンテンドー3DS向け『モンスターハンター』シリーズの最新作『モンスターハンターダブルクロス (Monster Hunter XX)』が発表されました。発売は2016年3月18日。 前作『モンスターハンタークロス』のセーブデータをほぼ引き継いでプレーが可能です。 あっさりと新作が発表されました。

250万本計画の3DS『モンハン関連タイトル』は『ストーリーズ』ではない可能性。カプコン、「正式タイトル名は、営業上の発表タイミングで改めて発表」

ニンテンドー3DS向けに、シリーズ初のRPG『モンスターハンターストーリーズ』(2016年発売予定)を発表しているカプコン。2016年3月期(2015年4月〜2016年3月)は3DSの『モンスターハンター関連タイトル』で250万本を販売する計画ですが、今のところ正式名称は伏せられており、4月に発表された『ストーリーズ』ではないタイトルの可能性があります。

3DS『モンハン4G』、海外版発売で累計300万本を突破。国内も継続的なプロモーションで伸長

カプコンは16日、ニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4G(海外名: Monster Hunter 4 Ultimate)』について、世界出荷が300万本を突破したと発表しました(パッケージ版およびダウンロード版の合算)。