【比較】『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』の特徴、Switch / PS4 版の違い

『パワプロ』シリーズ最新作、『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』がコナミデジタルエンタテインメントから7月9日に発売されました。 対応プラットフォームは Nintendo Switch と PlayStation 4。 2020シーズンの選手データを搭載し、シーズン中はもちろんのこと、2021シーズンも選手データのアップデートが実施。最新データで長く遊ぶことができます。 『パワプロ202

【ウイイレ2020】基本プレイ無料の『eFootball ウイニングイレブン2020 LITE』で「myClub」や「Matchday」などを遊べる

最近の恒例になってきた、家庭用ゲーム機版『ウイニングイレブン』の基本プレイ無料“Lite”バージョンが、今年も登場です(一部アイテム等課金あり)。 コナミデジタルエンタテインメントは12月9日、PS4向けに『eFootball ウイニングイレブン 2020 LITE』をリリースしました。「myClub」や新モード「Mactchday」などを、製品版と同等に楽しむことができます。 ウイイレ2020

コナミの4-9月は純利益12%減、アミューズメントが大幅減益

コナミホールディングスが10月31日に発表した2020年3月期第2四半期決算(4-9月)は、純利益が前年同期と比べて12%マイナスの152億円でした。主にアミューズメント事業における前年同期との製品投入時期の違いなどが響きました。ビデオゲームを含むデジタルエンタテインメント事業も営業利益が前年を下回りました。 売上高は1%マイナスの1211億円、営業利益は16%マイナスの209億円、税引前利益は1

【ウイクラ】19/20シーズンへの「Ver. 3.0.0」アップデート内容、Jリーグを含む収録リーグほか

『ウイニングイレブン』シリーズのサッカー戦術シミュレーションゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』では、2019年10月30日に「ver.3.0.0」へのアップデートが実施されます。このバージョンでは、チームユニフォームやエンブレム、そして選手データが2019-2020の最新シーズン仕様に更新されます。また最新の選手データを反映した「2019-20 1st」の配信がはじまります。 19/

コナミ、『ウイイレ2020』に「UEFA EURO 2020」を収録へ

コナミは、2020年に欧州全土を舞台に開催される「欧州選手権 UEFA EURO 2020」について、UEFAとパートナーシップを結んだと発表しました。これにより『eFootball ウイニングイレブン2020』はEURO 2020オフィシャルビデオゲームに。ユーロのコンテンツは2020年春(Q2)に予定されるアップデートで実装されます。

【ウイイレ2020】体験版配信、使えるチーム、モード

PS4『eFootball ウイニングイレブン 2020 体験版』が配信開始。パートナークラブのマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、ユベントス、バルセロナを含む13クラブでプレイすることができます。ダウンロードは無料。ダウンロード容量は「5.25GB」です。

コナミ、ユヴェントスとパートナー契約。『ウイイレ2020』に独占収録

独占契約です。 コナミデジタルエンタテインメントは、イタリア1部リーグ・セリエAのユベントスと、コナミのサッカーゲームとの独占的なオフィシャルパートナー契約を結んだと発表しました。契約期間は3年間。 9月にローンチの『eFootball ウイニングイレブン 2020 (ウイイレ2020、eFootball PES 2020)』は、ユベントスのチーム名や選手、ユニフォーム、スタジアムが実名で登場する

コナミ、バイエルン・ミュンヘンとパートナーシップを締結。『ウイイレ2020』に実名収録へ

コナミデジタルエンタテインメントは7月11日、ドイツ・ブンデスリーガのFCバイエルン・ミュンヘンがサッカータイトルのオフィシャルパートナーに加わったと発表しました。