任天堂『とびだせ どうぶつの森』×サンリオ人気キャラクターのコラボ「amiibo カード」

最近いくつかのコラボを展開している任天堂とサンリオが、『とびだせ どうぶつの森』で新たなコラボを実施。 任天堂とサンリオは2日、ニンテンドー3DSソフト『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』とサンリオの人気キャラクターをコラボさせた「amiibo カード」を、2016年11月3日に発売すると発表しました。 「『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』amiiboカード【サンリオキャラクターズコ

『ゼルダの伝説』30周年記念、歴代シリーズのリンクやゼルダが特別な『amiibo』に。最新作『BotW』にも対応

30周年を巡る動きが活発になってきた『ゼルダの伝説』ですが、任天堂からも30周年を記念する特別な『amiibo』が4体発表されました。 「Nintendo 3DS Direct 2016.9.1」の中で発表されたのは、初代『ゼルダの伝説』のリンク(スーパーマリオ30thのような8bit版)、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のリンク、『ゼルダの伝説 風のタクト』のリンクとゼルダです。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の新『amiibo』3体、『トワプリHD』のウルフリンクはお供として登場

正式名称が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に決定したWiiU/NX『ゼルダの伝説 最新作』。任天堂からは、『amiibo』に対応すると以前から発表されていますが、本作に向けた新たなフィギュア型『amiibo』や、『トワイライトプリンセス HD』で登場したウルフリンクの連動要素が明らかになっています。

「amiibo ジオラマキット」で『スプラトゥーン』を再現、「シオカライブ」「モズク農園」の2種類

任天堂公式から発売されている、フィギュアタイプの『amiibo』を飾って楽しめる「amiiboジオラマキット」。これまでに『大乱闘スマッシュブラザーズ』と『星のカービィ』の2デザインが発売されていますが、新たに『スプラトゥーン』デザインが2種類、「シオカライブ」「モズク農園」が仲間入り。 『スプラトゥーン』の世界観を再現するジオラマキットで『amiibo』を飾ることができます。

WiiU『スターフォックス ゼロ』、『amiibo ファルコ』タッチ時のアンロック要素は上級者向けの特徴を持つ「ブラック・アーウィン」

任天堂が4月21日に発売予定のWii U『スターフォックス ゼロ』。NFCフィギュア『amiibo フォックス / ファルコ』に対応し、フォックスをタッチした時はSFC版のレトロアーウィンで遊べることが明らかになっていますが(この時、他のメンバーが乗るアーウィンもレトロに)、ファルコをタッチした際のアンロック要素も明らかになりました。

WiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』、「辛口モード」×『amiibo ガノンドロフ』で被ダメージ4倍の激辛

3月10日に任天堂から発売予定のWii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』。フルHD解像度かつ秒間30フレームであることや、NFCフィギュア『amiibo』連動要素といったHD版に際しての追加要素などが判明していますが、敵から受けるダメージが2倍になる「辛口モード」内でも『amiibo』を使うことができ、『amiibo ガノンドロフ』をタッチすれば、さらにダメージが倍増した中で遊べる

発売から1年強の『amiibo』累計出荷数は3100万体、『スプラトゥーン』シリーズは10-12月だけで国内50万規模

2015年4月から12月末までにフィギュア型が約2100万体、カード型が約2150万枚の販売実績となったことが任天堂から発表されている『amiibo』。2014年11月の発売開始以来、1年強が経っていますが、これまでに80種類以上のキャラクター、25のタイトルに対応し、全世界累計で約3100万体が出荷されました。 2015年10-12月期の出荷数は四半期ごとの出荷数としては過去最大の約990万体と

WiiU『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』の『amiibo』機能紹介、新ダンジョンは地下40階を目指す「獣の試練」

フランスのAmazonに一時掲載された、Wii U『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』の『amiibo』連動コンテンツ。新ダンジョンの追加や消費アイテムの補充といった要素がありましたが、その詳細が任天堂公式から明らかになっています。掲載されていた情報はどうやら正しかったようです。

任天堂・君島社長:「『amiibo』は意図した用途とは異なる売れ方」「連携を強化したソフトを開発中」

昨年末、対応第1弾である『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』とともにデビューした任天堂の「Toys-to-Life」カテゴリ商品『amiibo』。キャラクターラインナップは順調に拡大し、北米市場を中心に好調な販売も続くなどして任天堂の業績に寄与し始めていますが、任天堂の君島社長はもっぱらコレクション的に購入されている現状に満足しておらず、目標であるゲーム体験をより豊かにするために使用