総額100億円還元、泉佐野市が「Amazonギフト券付きふるさと納税」で総務省に対抗

大阪府泉佐野市は、「ふるさと納税」の寄附者に対して、返礼品に加えてAmazonギフト券を総額100億円を贈るキャンペーン「100億円還元 閉店キャンペーン!」を開始しました。期間は2019年2月1日〜3月31日まで。泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」にて申し込んだ方全員が対象で、寄附額の最大20%がAmazonギフト券で還元されます。

ふるさと納税見直し、19年6月から高額返礼は税優遇除外。対象の自治体も総務省が指定

返礼品競争の過熱などで見直しが検討されているふるさと納税ですが、総務省は具体的に、2019年度より新たな仕組みとすることを決定しました。返礼品の調達価格が寄付額の「3割」を超えているなど、政府の通知を守らない自自体は、19年6月以降、ふるさと納税制度の対象から外れます。寄付をしても税制上の優遇措置を受けることができなくなります。

ふるさと納税なら「ふるなび」利用がお得、寄附金額の1%が Amazon ギフト券コードで還元

今は遠くで暮らしているけれども、昔住んでいた地元の街(ふるさと)へ貢献できる制度「ふるさと納税」。実質負担額2000円で、寄付を行った自治体から特産品などの返礼品をもらえることで人気が高まり、利用者や寄附金額が増加。2016年度は2015年度と比較して1.7倍の2800億円となりました。 総務省からの要請で、行き過ぎた返礼品合戦の見直しも行われる中、「ふるさと納税」の規模は2017年度もさらに拡大

北海道・厚岸町の「ふるさと納税」が1億円を突破、特産品の牡蠣が大人気

ふるさと納税の広がりによって、全国各地の特産品・名産品が改めて注目されていますが、「牡蠣」が有名な北海道の厚岸町もふるさと納税で盛り上がっています。厚岸町は今年6月からふるさと納税に対する返礼品の提供をはじめたそうですが、半年で1億円を突破し、昨年度実績の65倍に。町では年度目標額を1億5000万円に上方修正しています。

「ふるさと納税」をするなら、楽天市場の「楽天ふるさと納税」が超便利。いつもの買い物感覚で寄付ができ、ポイントも使えて貯まる

自己負担額2000円で、全国の自治体から様々な返礼品が届くステキな寄付の仕組み「ふるさと納税」。最大手のふるさとチョイスをはじめ、様々なサービスを通じて寄付することができますが、実はオンライン通販大手の「楽天ふるさと納税」からもふるさと納税をすることができます。

「ふるさと納税」で地元に貢献、寄付をすれば特産品ももらえるお得な制度

会社員から自営業の方まで、節税方法として注目されている「ふるさと納税」。その町や地域を代表する特産品がお返しとして用意されていることが多く、単に節税以上の一石二鳥なサービスとなっています。 今は地元から離れているけれど、何か貢献できることはないかな?と考えることが増えてきて「ふるさと納税」の利用も検討してみることにしました。