2018年10月より、全国2万4,000台以上のセブン銀行ATMで、「交通系電子マネー」や「楽天Edy」の残高確認およびチャージ(入金)が可能になりました。これまで電子マネー「nanaco」のチャージや残高確認に使用していたATMの電子マネーリーダーが「交通系電子マネー」や「楽天Edy」でも終日利用できるようになりました。手数料は無料。

残高や履歴の確認はAndroidアプリや楽天EdyのロゴのついたEdyカードならWebから確認できますが、旧Edyカードを長く使っている場合はパソリが必要だったり、Windowsしか対応していなかったりとちょっと手間。

近所のセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMを使って、楽天Edyへチャージしたり、残高を確認することができるようになったことで、コンビニへ立ち寄った際すぐに残高の確認をしたり、またレジに並ばずにチャージすることができるようになりました。

10月より新たにセブン銀行ATMでチャージが可能となったのは、Suicaをはじめとする交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)と楽天Edy。

このページでは楽天Edyを使って、チャージや残高確認する方法を紹介しています。他の電子マネーも基本的に手順は同じ。チャージは預金残高から直接チャージするのではなく、現金を投入してチャージします。

セブン銀行ATMで楽天Edyへチャージ(入金)・残高確認する方法

楽天Edyへチャージ(入金)する方法

セブン銀行ATMを使って楽天Edyへチャージ(入金)する手順は次のとおりです。

  1. セブン銀行ATMホーム画面上にある「電子マネーチャージ」をタッチします。
  2. 楽天Edyを電子マネーチャージャーの上へおきます。
  3. 画面に取引内容が表示されるので「チャージ」を選択します。
  4. チャージしたい金額のボタンをタッチします。1,000円〜20,000円。または千円単位で金額を設定可能です(Edyのチャージ上限は5万円。1回あたり2万5,000円)。
  5. 紙幣挿入受取口が開くので、指定した金額を投入します。
  6. チャージは完了です。明細票の有無を選択します。

金額指定のチャージ(おつり対応)も可能。細かいお札がないときも安心です。

楽天Edyの残高を確認する方法

楽天Edy残高を確認する方法は次のとおりです。

  1. セブン銀行ATMホーム画面上にある「電子マネーチャージ」をタッチします。
  2. 楽天Edyを電子マネーチャージャーの上へおきます。
  3. 画面に取引内容が表示されるので「残高確認」を選択します。

というわけで「【楽天Edy】セブン銀行ATMで残高を確認する方法、チャージする方法」という話題でした。ATMからSuicaやEdyをすぐにチャージでき便利です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で