全国2万4,000台以上設置されているセブン銀行ATMで、Suicaをはじめとする「交通系電子マネー」や「楽天Edy」へのチャージができるようになります。

セブン銀行ATMでは現在、電子マネー「nanaco」のチャージや残高確認に対応していますが、2018年10月15日より、Suicaなどの交通系電子マネーや、楽天Edyが新たに対応。これら電子マネーのチャージや残高確認をATMで行えるようになります。

セブン銀行ATMで「楽天Edy」や「交通系電子マネー」のチャージ等が可能に

2018年10月15日より、セブン銀行ATM対応電子マネーが拡大。「交通系電子マネー」と「楽天Edy」で、チャージや残高の確認を行えるようになります。またサービス開始日より、「nanaco」を含めた全ての電子マネーで金額指定のチャージ(おつり対応)も行えるようになります。

利用可能な時間帯は終日(セブン銀行ATMが設置されている施設の営業時間内)。手数料は無料です。

チャージ単位:1,000円単位
※「交通系電子マネー」では2万円、「楽天Edy」では5万円(1回あたり2万5,000円)がチャージ残高上限。

対応する電子マネー

10月15日より新たに対応する電子マネーは次の通りです。

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca(マナカ)、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、楽天Edy

セブン銀行ATM 利用方法

  1. ATM端末の画面のボタンを押す。
  2. 端末右側にある読取り部分に電子マネーをセット。
  3. 金額を指定してチャージします。

金額を指定してチャージ(おつり対応)

  1. 希望のチャージ金額を指定(1,000円単位)してチャージ。
  2. おつり発生時は、おつり紙幣を受け取ります。
  3. 画面で取引内容を確認できます。

セブン銀行ATMはセブン−イレブン以外にも様々な場所に設置されているので、ふとチャージしたくなったときコンビニが遠くても、ATMから利用できるのは便利ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で