2018年4-9月に4213万本のソフト販売を記録したNintendo Switch。2017年3月の発売から19か月で、Wii Uの累計ソフト販売本数を公式に上回りました。

任天堂によると2018年9月末までにWii Uのソフト販売本数は1億253万本。一方のNintendo Switchは1億1110万本となり、Wii Uが2012年11月の発売からこつこつ積み上げてきた数字をSwitchは発売から19か月で上回りました。

Nintendo Switchでは『ゼルダの伝説』『マリオカート』『スプラトゥーン』『スーパーマリオ』『星のカービィ』といった任天堂の主力人気シリーズの新作が次々と発売。任天堂タイトルは上位10本だけで5300万本以上を販売する人気で(うち『スーパーマリオ オデッセイ』『マリオカート8 デラックス』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はそれぞれ1000万本以上を販売)、自社タイトルがSwitch普及の牽引役となっています。

2018年内は今後も『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ / Let’s Go! イーブイ』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が控えており、強力な任天堂タイトルがハード普及に大きく貢献しそうです。

デジタル市場も拡大

決算で発表されるソフト販売数量やタイトル数に反映されるのはパッケージソフト及びパッケージ併売ダウンロードソフトの数量であるため、デジタル専売ソフトの売上はここに含まれていません。

それでもNintendo Switchではニンテンドーeショップはこれまでのハード以上の賑わいをみせていて、ゲーム専用機に含まれるデジタル売上高は2018年4-9月に391億円を記録。前年同期の228億円から71%増加しました。

2016年4-9月は147億円でしたから、2年で166%増加。任天堂プラットフォームでも徐々にデジタル市場が拡大しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited

電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、2か月199円(プライム会員限定)または再登録で3か月299円。通常の9割オフで10万冊以上が読み放題。

Kindle Unlimited プライム会員限定2か月199円 / 再登録3か月299円

Fire HD 8 2台購入で5,000円オフ (1月30日まで)

Amazon のタブレット端末「Fire」シリーズから、8インチHDディスプレイを搭載した「Fire HD 8 タブレット」を2台まとめ買いで5,000円オフのキャンペーン(注文確認・確定画面にて5,000円引きになります)。

16GBモデルなら8,980円×2台で通常1万7,960円のところ、5,000円引きで1万2,960円。1台あたり6,480円。

Echo 2台まとめ買いで1台無料(1月31日まで)

Amazonのスマートスピーカー「Echo Dot (エコードット) 第3世代」とディスプレイ付きの「Echo Show 5 (エコーショー5)」が、2台まとめて購入すると1台分が無料に。

Echo Show 5 (エコーショー5)」は2台で9,980円(1台分の価格)、「Echo Dot (エコードット) 第3世代」は2台で5,980円(1台分の価格)です。

Echo Showが2台あれば、リビングと子供部屋など、異なる部屋でビデオ通話を楽しむことも。

Amazon Music HD 90日間無料体験 (2月6日まで)

6,500万曲以上をロスレスオーディオで楽しめる Amazon Music HD を、新規登録なら 90 日間無料で体験できます。

Amazon Music HD を無料体験する