「楽天ペイ」は、バーコードやQRコードをお店で読み取ってもらうなどして支払いができる楽天のスマホ決済サービスです。

支払額に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、200円につき1ポイント、0.5%が楽天スーパーポイントとして還元されます。支払い元となるクレジットカードを「楽天カード」にすると、楽天カード利用分の1.0%(100円につき1ポイント)も合わせて貯まるので、合計で1.5%分のポイントを貯めることができます。

現金やクレジットカードだけで買い物をするよりもお得にポイントを貯めることができる支払い方法です。

使い方を工夫するとさらに還元率が上がり、3.5%にすることができます。いつでも3.5%還元と考えるとかなりお得に感じられます。

楽天ペイの基本還元率は0.5%

「楽天ペイ」を使ってオンラインや街のお店で買い物をすると、200円(税込)ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

ポイント付与率は0.5%です。

支払い元を楽天カードにすると+1.0%

「楽天ペイ」は、楽天会員に登録してあるクレジットカード情報を使って支払いをします(楽天ペイアプリ側で支払い元クレジットカード追加することもできます)。紐付けるクレジットカードを楽天カードにすることで、楽天カード支払いの100円(税込)につき1ポイントが付与されます。

楽天カードのポイント付与率は1.0%。

通常の還元率0.5%とあわせ、これで1.5%になりました。楽天ペイは200円ごと、楽天カードは100円ごとなので、端数は切り捨てられてしまいますが、切りの良い金額だと1.5%貯まります。10,000円の買い物なら楽天ペイで50ポイント、楽天カードで100ポイントが貯まる計算です。

Kyashを加え+2%

ここからさらに還元率を高めるためには、ウォレットアプリの「Kyash(キャッシュ)」を使います。Kyashは決済金額の2%がKyash残高として還元されるので、これを活用します。

Kyashはプリペイドカードなので本来事前に残高をチャージしておく必要がありますが、クレジットカードを連携させることで、残高不足の際に自動チャージする機能があります。

そこでKyashに楽天カードを紐づけて自動チャージに設定。そのKyashを楽天ペイの支払い元カードに設定することで、Kyashの2%還元、楽天カードの1.0%、楽天ペイの0.5、合計で3.5%還元が実現します。

楽天ペイに紐付ける手順

  1. 楽天ペイアプリを起動する。
  2. 左上の「≡」(3本線)メニューをタップし、「設定」を選択。

  3. 「お支払い元の設定」>「+ 新しいカードを登録」を選択し、楽天会員情報にログイン。

  4. 「クレジットカード情報」>「新規カード情報の追加」と進み、作成したKyashカードの情報を入力し登録します。
  5. 楽天ペイアプリのお支払い元の設定画面に戻り、楽天ペイの決済に使用するカードとして登録したKyashを選択します。

還元される内容・内訳

楽天カードを紐づけたKyashを支払い元とした楽天ペイで1万円の買い物をしたとすると、次のように還元されます。

  • 楽天ペイ(0.5%):楽天スーパーポイント50pt付与
  • 楽天カード(1.0%):楽天スーパーポイント100pt付与
  • Kyash(2%):Kyash残高に200円分還元

Kyashの利用限度額に注意

ただしKyashは24時間あたりあるいは1回あたりに使える金額に上限があり、リアルカードの場合は5万円、バーチャルカードの場合は3万円までとなっています。1か月あたりの限度額は最大12万円まで。

  • 1回あたり利用金額上限:5万円(バーチャルカードは3万円まで)
  • 24時間あたり利用金額上限:5万円(バーチャルカードは3万円まで)
  • 1か月あたり利用金額上限:12万円

さらに1枚のカードで利用できる有効期限内の利用限度額は100万円となっています(100万円を超える際には、Kyashカードを更新することで継続利用可能です)。

限度額に引っかからない範囲での買い物に制限されますが、楽天ペイの支払い元カードをKyashにすることで還元率を高めることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で