【楽天ペイ】期間限定ポイントも余さず有効に使える、対応店舗が増えて利用頻度が増えた

楽天ペイ ロゴ

楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を使えるお店が増えてきています。

以前は生活圏で利用している店があまり対応しておらず、楽天ポイントが貯まるにもかかわらず利用機会が限られていたのですが、最近はコンビニだけでなくスーパーやドラッグストア、家電量販店、飲食店、カフェでも使えるようになっており、キャッシュレス決済の1つとして活用しています。

楽天ペイとは

「楽天ペイ」は、楽天グループの楽天ペイメントが運営しているスマホアプリ決済サービスです。楽天IDに登録したクレジットカード情報を活用して、楽天以外のオンラインサイトで簡単に支払いができたり、街での買い物もスマホを使って簡単にキャッシュレス決済ができます。スマホアプリを使えば、家族や友人へ送金するのも簡単。割り勘の際に小銭が増えることもありません。

楽天ペイでポイントが貯まる

楽天ペイは政府が2019年10月から実施している「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加しているキャッシュレス決済サービスの1つ。対応する登録加盟店で楽天ペイ支払いで買い物をすると、最大5%の還元を受けることができます。

決済に使うクレジットカードを楽天カードに設定しておくと、楽天カード利用分として100円につき1ポイント(還元率1.0%)も貯まります。ペイ支払いでもどんどんポイントが貯まります。

なお楽天ペイでは2019年10月1日以前、200円につき1ポイント(還元率0.5%)の楽天ポイント付与がありましたが、「キャッシュレス・消費者還元事業」の開始にともなって現在は休止となっています。

貯まったポイントを支払いに使える

楽天ペイを利用するメリットの1つが「貯まった楽天ポイントを支払いに使える」というもの。

しかも通常ポイントだけでなく、楽天市場楽天トラベルなどのキャンペーンなどで貯まる期間限定ポイントも使用可能。通常ポイントと比べて利用機会の限られる期間限定ポイントを、楽天ペイを経由して街の買い物で現金のように使うことができます。

楽天市場ではSPU(スーパーポイントアッププログラム)やスーパーDEALといったポイント倍率がアップするお得なキャンペーンが常時開催。また定期的にお買い物マラソンやスーパーSALEといった大規模なセール・キャンペーンも開催されます。

ただ、倍率アップ分の特典ポイントは期間限定ポイントであることがほとんど(通常ポイント1倍 + 特典ポイント○○倍(期間限定ポイント))。期間限定ポイントは通常ポイントよりも有効期限が短く設定されているので、利用場所が限られていた以前は、たくさん付与されても使い道に困ることがありました。

楽天ペイであれば、普段買い物をするスーパーやドラッグストア、コンビニなどで期間限定ポイントを使うことができます。これで失効させてしまうことはほとんどなくなりました。

おわりに

  • 対応店舗が増えている。
  • 貯まった楽天キャッシュ/楽天ポイント(期間限定ポイントを含む)を支払いに使える。
  • 支払い元のクレジットカードを楽天カードにしておけばカード利用分のポイントも貯まる。

というわけで、楽天ペイの利用頻度が増えているという話題でした。

他のスマホアプリ決済は使えるのに楽天ペイは使えないところも少なくないので対応店舗はもっともっと充実させてもらいたいところですけれど、毎月まとまった金額を使うスーパーやドラッグストアへの対応が増えているのは嬉しいかぎり。

また少額でクレジットカードを出しにくい……と感じるときでも楽天ペイアプリを経由してクレジットカード決済をし、カード利用分の楽天ポイントを貯めることができます。ちょっとした買い物でもポイントを貯められます。なにより期間限定ポイントの使い道としてぴったり。有効活用することができます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。