今度は「赤Suica」。

楽天グループの楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)は6月5日、キャッシュレス化の推進に向けて連携していくと発表しました。

楽天のスマホ決済サービス「楽天ペイ」アプリ内から、交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになります。また、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での買い物の支払いに使用できるようになります。

開始時期は「2020年春」予定。

  • 楽天ペイでSuicaの発行・チャージが利用できるように
  • 開始時期は「2020年春予定」
  • 対応機種はおサイフケータイ搭載Androidスマートデバイス。iPhoneは今後検討

2020年春(令和2年の春)、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行が可能となります。

また、「楽天ペイ」アプリに登録している「楽天カード」から、「楽天ペイ」アプリ内で発行した「Suica」にクレジットカード決済によるチャージができるようになります。

これにより、「楽天ペイ」アプリがあれば鉄道・バスなどの交通機関や、交通系電子マネー加盟店における支払いができるようになります。

対応機種

まずは「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末から対応が開始。

iPhoneのiOSについては今後検討していくとのこと。

楽天ペイ×Suicaで何ができる?

「楽天ペイ」アプリ内から「Suica」の発行・チャージが可能となります。

Suicaは全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗に対応。これらサービス・店舗で利用できるようになります。

楽天スーパーポイントも貯まる

楽天ペイ×Suicaチャージの利用で、楽天スーパーポイントを貯められるようになります。還元率は不明ですが、通常は楽天ペイ(アプリ)利用で0.5%還元、支払い元クレジットカードを楽天カードに設定しておけばさらに楽天カード利用分として1%が楽天スーパーポイントとして還元されます。

毎月かかる交通費の数パーセント分を、楽天ポイントで取り戻せるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible