KDDI (au) のスマホ決済サービス「au PAY」では、「au WALLET 残高」を使って買い物をします。この「au WALLET 残高」のチャージ方法に、6月4日より「リアルタイムチャージ (auかんたん決済)」が加わりました。auかんたん決済で残高のリアルタイムチャージが可能になり、「au PAY」での買い物時の代金も、月々のauの通信料金と合算して、まとめて支払うことができるようになりました。

リアルタイムチャージとは

「リアルタイムチャージ」とは、「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」支払い時の残高不足を自動的に解消する機能のこと。

買い物時にもしもチャージ残高が足りない場合があったとしても、「リアルタイムチャージ」設定をしておけば、別途チャージをしたりする必要はありません。不足分が即時でチャージされ決済が完了します。

不足分が即時チャージされることで、買い物前に残高を気にすることなく便利に使うことができます。

【au PAY】「リアルタイムチャージ (auかんたん決済)」利用方法

「リアルタイムチャージ」の設定は、au WALLET アプリから行います。

au WALLET アプリ リアルタイムチャージ(auかんたん決済)設定手順

「アプリを起動」>「チャージ(入金)」>下へスクロールし「オートチャージ設定」を選択。

オートチャージ「設定」にチェックすると、「リアルタイムチャージ」と「一定額チャージ」を選ぶことができます。「リアルタイムチャージ」は支払い時に残高が不足している場合、差額を自動でチャージする機能。「一定額チャージ」の方は、残高が設定金額を下回ったときに、決済時に設定金額を自動でチャージする機能です。

今回は「リアルタイムチャージ」を選択。

チャージ方法として、以前よりあった「じぶん銀行」と「auかんたん決済」を選ぶことができます。「auかんたん決済」でリアルタイムチャージを行えるようになったので、「じぶん銀行」の普通預金口座がないユーザーもリアルタイムチャージを利用できるようになりました。

いくらまでオートチャージを行うか、上限金額を決めることができます。auかんたん決済チャージ限度額の範囲内で金額を決め、「OK」を選択。

オートチャージ設定の確認画面になるので、内容を確認して「OK」を選択。

利用サービスを確認し(サービス名:au WALLETカード / パートナー名:au WALLETカード)、4桁の暗証番号(au契約時に設定した番号)を入力して「OK」を選択。

以下、オートチャージを設定しました。「OK」と表示されれば設定は完了です。

おわりに

というわけで「【au PAY】「auかんたん決済」でのau WALLET 残高リアルタイムチャージに対応開始、その設定方法」という話題でした。

これまでは「リアルタイムチャージ」機能に対応していたのはじぶん銀行口座からのみだったので、利用できるユーザーは限られていました。今回新たに、通信料金と合算で支払いのできるauのキャリア決済「auかんたん決済」が対応。支払いの際、チャージ残高不足でも慌てることなく利用することができるようになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン