東北楽天ゴールデンイーグルスのホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」にて、スタジアム観客席でのドリンク販売で「楽天ペイ(アプリ決済)」が導入され、7月7日(vs.西武)より、スマートフォンによるQRコード決済が利用可能となります。お釣りを気にすることなく、ビール購入がスムーズに。

楽天によると、QRコード決済が野球スタジアム観客席の売り子販売で導入されるのは国内初の事例。

楽天ペイで購入したい場合、利用者は売り子が首から提げたプリント型のQRコードを「楽天ペイ」アプリで読み取り、金額を入力することで、決済することができるようになるとのこと。ここでの買い物でも楽天スーパーポイントを貯めたり、あるいは貯まったポイントを使って購入することもできます。ポイント付与は200円につき1ポイント。楽天ペイの支払い元クレジットカードを楽天カードに設定しておくことで、さらに100円につき1ポイント貯めることができます。

スタジアムでのQRコード決済イメージ

楽天生命パーク宮城では、以前から電子マネー「楽天Edy」によるキャッシュレス決済には対応していました。今回、新たに「楽天ペイ(アプリ決済)」が導入されることで、、キャッシュレスの決済手段が拡充され、さらに「楽天スーパーポイント」でも支払えるようになり、いっそう利便性が向上します。

支払い画面フロー

「楽天生命パーク宮城」における「楽天ペイ(アプリ決済)」サービスは、2018年7月7日16時試合開始の対埼玉西武ライオンズ戦より対応開始。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で