楽天市場をはじめとする楽天グループや、「楽天ポイントカード」加盟店での買い物に利用できる「楽天スーパーポイント」。いつもの買い物だけでなく、楽天グループ会社の証券会社・楽天証券が取り扱う投資信託の購入が可能になりました。

サービス開始は今夏が予定されています。

楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投資信託が購入可能に

現金購入が当たり前だった投資信託を、各種サービス利用で貯まった「楽天スーパーポイント」を通じて購入、または代金の一部に充てることができるようになります。投資信託を買おうと思った時に、証券口座に現金がない場合でも、余剰ポイントを使って投資信託を購入可能。

従来だと、スーパーポイントの利用は商品の購入というより交換の印象が強かったのですが、金融商品にも使えるようになったことで、現金と同等の価値に。

楽天スーパーポイントはかなり貯まりやすいポイントサービスで、関連サービスを利用していると気がつけばかなり貯まっていることもしばしば。楽天カードで決済をするともっと貯まりやすいですね。

楽天スーパーポイントに保有上限はありませんが、1度の買い物で利用できる上限が決まっています。

1度の買い物で利用できるポイントは、1ポイントから最大3万ポイントまで。また1ヵ月の上限も決まっていて、通常は最大10万ポイントまでとなっています。例外として、楽天会員の最高ランクである「ダイヤモンド会員」に限り、1か月に最大50万ポイントまで利用が可能です。

ポイントは買い物等に利用できるとはいえ、期間限定ポイントを除く通常ポイント消費のための買い物はできれば避けたい。大量に保有していて、使い切れない塩漬けポイントの使い道が投資信託ということになります。余っているポイントを消費して資産運用を行っていけるのが楽天証券のこの新しいサービス。

投資信託は貯金ではなく投資なので元本割れのリスクはありますが、直接現金を投じるよりも、元がポイントだと考えると心理的なハードルも下がるのではないでしょうか。それでも安定運用に投資していきたいものですけれど。

なお、楽天証券での投資信託購入には「期間限定ポイント」の利用はできないということです。

投資信託の最低購入金額が「100円」から可能に

また5月27日より、投資信託の最低購入金額が100円からになる新サービス「100円投資」がはじまりました。

これまで楽天証券では、投資信託の最低購入金額が、スポット購入で「1万円」、積立サービスで「1000円」に設定されていましたが、新サービス「100円投資」の開始によって、この双方のサービスで、原則100円から投資信託を購入可能になりました。

100円から投資信託を購入できるのは楽天証券が初めてだということです。

楽天スーパーポイント利用がはじまれば、より手軽に、余ったポイントでコツコツ積立を行えるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible