楽天は28日、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を、奈良近鉄タクシーが運行するタクシーに提供すると発表しました。これにより、奈良県内を走る309台の奈良近鉄タクシーにて、6月1日より「楽天ペイ(アプリ決済)」による支払いが可能になります。奈良県のタクシーにおいて、プリント型QRコード決済が導入されるのは初めての事例だということです。利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」が付与され、貯まったポイントを支払いに利用することもできます。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録しておくことで、スマホアプリで簡単に支払いができる楽天のスマホアプリ決済サービス。

今回の奈良近鉄タクシーへの導入での支払い手順は、利用者が提携タクシーで会計をする際、車内に備え付けられたQRコードを読み取った後、提示金額を入力した上で、確認画面でスライドすることで決済を行うことができるということです。

「楽天ペイ(アプリ決済)」で支払いをすると、利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」が付与され、また貯まったポイントを支払いに使うことが可能。ポイント還元は200円(税込)につき1ポイント。支払い元のカードを「楽天カード」に設定していると、さらに100円(税込)につき1ポイントを貯めることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で