全国の「ケーズデンキ」で楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」によるコード決済が利用可能になりました。ユーザーは商品購入時、アプリに表示されたコードを店側に読み取ってもらうことで、支払いができます。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、登録したクレジットカード情報を使って、スマホアプリで簡単に支払いができる決済サービスです。支払いの際、QRコードやバーコードを表示させて店側に読み取ってもらうなどすることで、支払いが完了します。

「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用すると、楽天の共通ポイント「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることができます。貯める時のポイント付与率は200円につき1ポイントの0.5%。支払い元のクレジットカードを「楽天カード」にすると、カード利用分のポイント(100円につき1ポイント)もあわせて貯めることができます。

ケーズデンキに導入されたのは、バーコードを表示させて決済するコード決済。商品購入時にレジにてアプリを起動し、「コード表示」をタップしてコードを表示させ、店員に読み取ってもらうことで支払いが完了します。

ケーズデンキは全国約500店舗を展開する大型の家電・パソコン専門店。以前より電子マネー「楽天Edy」に対応していて支払いは利用可能でしたが、今回新たに「楽天ペイ(アプリ決済)」の導入により、楽天スーパーポイントでの支払いも可能となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で