ローソンに加えてファミマでも楽天ペイ支払いが可能に。

楽天とファミリーマートは10月18日、全国のコンビニエンスストア「ファミリーマート」へ、楽天のスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入することで基本合意したと発表しました。

これにより、11月よりファミマの一部店舗で「楽天ペイ(アプリ決済)」が順次導入開始され、12月4日には全国1万6,715店舗のファミマで「楽天ペイ(アプリ決済)」によるバーコード決済が利用できるようになります。

楽天は以前、楽天ポイントカードでサークルKサンクスと提携。その後、サークルKサンクスがファミリーマートへ統合されることとなり、移行のため楽天ポイントカードからTカードへサークルKサンクスで利用できる共通ポイントサービスが変更されていました。

そうしたこともあって、一時期提携コンビニが大きく減少した楽天ですが、楽天とコンビニとの提携はローソンへと移り、ローソンで「楽天ペイ(アプリ決済)」が採用。また「楽天ポイントカード」ではセイコーマートデイリーヤマザキと提携し、再び楽天ポイント利用可能なコンビニが拡大。

大手・個性派中堅との関係を深めてきた中で、遂にファミリーマートが「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応。

業界第2位第3位のファミマとローソンでは「楽天ペイ(アプリ決済)」、セコマとデイリーヤマザキでは「楽天ポイントカード」で楽天スーパーポイントが貯まる・使えることとなります。

楽天ペイ(アプリ決済)って?

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、楽天会員情報に登録されたクレジットカード情報を使って、スマホアプリで簡単に決済ができるサービスです。

ファミマで採用されるのはバーコードによる支払いで、商品を購入する際に、「楽天ペイ」アプリに表示されるバーコードを店員に読み取らせることで決済が可能となります。貯まっている楽天スーパーポイントで支払いをしたり、ポイントを貯めたりといったことも可能。

ポイント還元は200円につき1ポイントです。このとき、登録クレジットカードを楽天カードに設定しておくと、さらに楽天カード分のポイント(100円1ポイント)が貯まります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で