任天堂、2017年度の増収率1位

好業績が多かった上場企業の2017年度決算(2017年4月〜2018年3月)がほぼ出揃い、日本経済新聞が「ランキングで読む日本株式会社」という特集を組んでおり、その1つとして増収率・増益率ランキングを公開しています。

対象は5月18日までに2017年度決算を発表し、同年度の売上高が3000億円以上の主な上場企業。伸び率は16年度との比較です。

昨年度、売上高の伸びが最も大きかった企業は任天堂でした。主力のビデオゲーム専用機事業において、17年3月に新型家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」を発売。1億台以上普及した Wii の販売ペースを上回る国も出るほど世界的な人気となり、18年3月期の通期売上高は前期比で2.2倍に(前期比+116%)。7年ぶりに1兆円の大台を上回る、1兆557億円となりました。

最近は落ち着いてきましたが、2017年度は株価も大きく上昇。時価総額は1年で5割増え、6兆円を超えました。

据置型ゲーム機事業は前期1753億円(Wii U:644億円、スイッチ:1110億円)から7534億円と4倍強に成長。最後まで普及に苦しんだ Wii U からスイッチの発売で、一気に盛り返しました。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド】
Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-03-03

純利益の伸び率1位はエイチ・アイ・エス。17年10月期の純利益は132億円と前期比で50倍となりました。旅行需要の回復や、ロボットが中心に運営する「変なホテル」も追い風となりました。増益率8位には、18年3月期の純利益が6.7倍の4907億円となり、10年ぶりに最高益を更新したソニーもランクイン。ネットワークサービスも好調なゲームや音楽のコンテンツ関連に加え、テレビやデジタルカメラも高機能な製品が好調でした。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M2K
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M2K
メーカー: ソニー(SONY)

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible