Amazonはストリーミング端末『Fire TV Stick』の新モデル『Amazon Fire TV Stick 4K』を、12月12日より発売します。価格は6,980円(税込)。新モデルは4K/HDRや音声アシスタントのAlexaに対応します。

Fire TV Stick 4K、4K/HDR、Alexaに対応する新しいストリーミング端末

10月3日、Amazonがストリーミング端末『Fire TV Stick』の新モデル『Amazon Fire TV Stick 4K』を発表しました。最新モデルの大きな特長は音声アシスタントAlexaへの対応、4K Ultra HDやDolby VisionとHDR10+への対応です。価格は税込みで6,980円。発売開始は12月12日です。

『Fire TV Stick』のアップデートにより、『Fire TV (第3世代)』の販売は終了した模様です。

発表によると、『Fire TV Stick 4K』は1.7GHZのプロセッサを搭載し、従来のFire TV Stick(第2世代)と比較して、パフォーマンスが80%以上向上しています。これにより、より快適な映像ストリーミング体験やロード時間の短縮、4K Ultra HDコンテンツの最大60fps表示などの鮮やかな画質を実現したということです。対応機器と接続することでDolby Atmos対応コンテンツによる3Dサラウンド・サウンドを楽しむことも可能になりました。

動画配信は容量を抑えるためなのか音が弱いなと感じることが多いのですが、弱点は強化されているでしょうか。

なお、Amazonでは現在Dolby Visionのコンテンツを配信しておらず、今後提供予定だとしています。

Alexa

大きな変化の1つであるAlexa対応。Alexa対応音声認識リモコンを使って、対応テレビやオーディオ機器の電源や音量・消音操作をボタンだけでなく音声で操作することが可能。また音声でコンテンツを検索したり、操作したりができるので、作品の検索や再生、早送り、巻き戻しを声で行えたり、「アレクサ、4Kのテレビ番組を見せて」や「アレクサ、アニメを見せて」など、Alexaに話しかけるだけで簡単にコンテンツを探し、視聴することができます。

加えて、音楽やニュース、天気予報を確認したり、さまざまなAlexaスキルも利用可能です。

さらに、Amazon Echoデバイスと組み合わせたAlexa遠隔音声認識機能も搭載。一部のコンテンツは、ハンズフリーで操作することもできるとのこと。例えば「アレクサ、Fire TVでバラエティを探して」など。今後も新機能の追加が予定。

なお、Alexa機能は、既存の「Firet TV (第3世代、2017年モデル) / Fire TV Stick (第2世代、2017年モデル)」でも、ソフトウェアアップデートで対応する予定。これらモデルに付属する既存の音声認識リモコンでAlexaの利用が可能になります。Alexaの遠隔音声認識機能にも対応します。

Alexa対応音声認識リモコンは単体でも12月12日より発売。価格は2,980円(税込)です。

Fire TV Stickで見られる動画サービス

『Fire TV Stick 4K』はAmazon Prime Video をはじめ、Netflix、Hulu、DAZN、AbemaTV、FODなど様々な動画配信サービスに対応。またFirefoxあるいはSilkブラウザを利用すれば、YouTubeやTwitter、Facebookなどのサイトを閲覧したり、Amazon Music、Spotifyを利用して好みの音楽やプレイリスト、ラジオ放送、ポッドキャストを楽しむこともできます。

比較

 Fire TV Stick
Fire TV Stick
新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
Fire TV Stick 4K
価格4,980円6,980円
解像度最大1080p4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
出力720p、1080p、最大60fps2160p、1080p、720p、最大60fps
プロセッサクアッドコア 1.3 GHzクアッドコア 1.7 GHz
GPUMali450 MP4IMG GE8300
ストレージ8 GB
AV機器操作なしあり
オーディオDolby AudioDolby Atmos
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11a/b/g/n/ac対応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で