Fire TV史上最もパワフルな「Fire TV Cube (第2世代)」が登場、ハンズフリーでの音声操作に対応

Amazonは「Fire TV」シリーズの最上位機種『Fire TV Cube』(第2世代)の予約受付を開始しました。価格は14,980円(税込)で、11月5日より出荷開始予定。

『Fire TV Cube』は2018年に第1世代が販売開始されており、日本に上陸するのはその次のモデル第2世代。ヘキサコア(クアッドコア: 最大2.2GHz + デュアルコア: 最大1.9GHz)のプロセッサを搭載し、ストレージは従来Fire TV Stickの2倍の16GB。Fire TV Stick 4K(クアッドコア 1.7GHz)以上のパワフルな性能で、快適な操作を行えます。

また付属のリモコンを使わなくても、Alexaを通じてハンズフリー操作できるのが特徴。内蔵スピーカーがあるので、テレビを消しているときでもAlexaに天気予報を聞いたり音楽をかけたりすることができます。Fire TVにスマートスピーカーの機能もついたデバイスというイメージです。

映像は4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+に対応。最大60fpsの滑らかな映像を楽しむことができます。

対応するサービスはPrime VideoやYouTube、Netflix、Hulu、TVer、DAZN、AbemaTVなど。SilkやFirefoxブラウザを使用してウェブサイトにアクセスすることもできます。Spotifyなど音楽サービスも楽しめます。

接続方法は今までどおりシンプル。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。