Amazonのストリーミング端末『Fire TV Stick』。4,980円でテレビに様々なチャンネルを追加することができる、小さくて便利な端末です。4K画質に対応した『Fire TV Stick 4K』(参考価格:6,980円)や『Fire TV Cube』(同:14,980円)も登場。

Wi-Fi環境があればテレビに繋いですぐにスタート。様々なエンターテインメントを楽しめます。

Amazon Prime Videoはもちろん、YouTubeやHulu、Netflix、U-NEXT、DAZNなど、さまざまな動画配信サービスに対応。アプリを追加ダウンロードすることで、メジャーな動画配信サービスだけでなく、さらに多くのサービスをテレビで見ることができるようになります。

Fire TV Stick があると何ができる?

「Fire TV Stick」は、テレビとHDMIで接続し、Wi-Fiにつなぐだけで、Amazonプライム・ビデオをはじめ、HuluやNetflix、U-NEXT、DAZN、YouTube、dTV、TVer、AbemaTV、新日本プロレスワールドなど、様々な動画配信サービスの映画やドラマ、TV番組、スポーツ中継などのコンテンツを、大画面でも楽しめるようになる端末です。

Amazonプライム会員ならプライム・ビデオの対象動画が見放題。Prime Music対象の曲を聴くこともできます。

Silkブラウザ搭載。ウェブサイトへのアクセスも可能。アプリをダウンロードして、iOS/Android端末などの画面をミラーリングするなど、機能を拡張することができます。

小型で持ち運びがしやすく、出張や旅行の際に、ホテルでも利用可能(無線インターネット回線、HDMI接続は必要ですが)。

Fire TV Stick 利用に必要なもの

Fire TV Stickを利用するのに必要な機器・サービスは次のとおりです。

  • Fire TV Stick 本体
  • 無線インターネット回線
    (Wi-Fiではなく有線接続したいときは、Amazon イーサネットアダプタを購入して接続できます)
  • HDMI端子付きテレビ

Fire TV Stick セット内容

  • Fire TV Stick
  • Alexa対応音声認識リモコン
  • USBケーブル
  • HDMI延長ケーブル
  • 電源アダプタ
  • 単4電池2本
  • スタートガイド

接続方法、初回設定

Fire TV Stickの接続は非常に簡単です。

  1. リモコンに付属の単4電池2本を入れます。
  2. USBケーブルのmicroUSB端子をFire TV Stick本体に接続し、もう一方を電源アダプタに接続します。
  3. Fire TV Stick本体をテレビのHDMI端子に接続します。テレビの端子に直接接続するのが難しい場合は、付属のHDMI延長ケーブルを使います。
  4. 電源アダプタをコンセントにつなぎます。
  5. テレビの 電源を入れ、入力切替でFire TV Stickを接続したHDMI入力へ切り替えます。
  6. あとはリモコンを使い、画面の指示にに従ってセットアップを完了します(言語選択や接続するWi-Fiネットワークの選択など)。

インターネットに接続したことを確認できれば初期設定は完了です。Wi-Fiの接続はボタン1つで完了する「WPS」で行えます。

NECの「Atermシリーズ」なら「らくらくスタートボタン」、BUFFALOの「AirStationシリーズ」なら「AOSSボタン」がWPSボタンを兼ねています。ボタンをワンプッシュするだけで無線設定を行ってくれます。

アプリでFire TV Stickの機能を拡張しよう

Amazonが提供する以外のサービスは、アプリをダウンロードして利用することになります。初回に必要なアプリをまとめてダウンロードすることができますし、後から1つ1つ利用したいアプリをダウンロードすることもできます。

「Fire TV Stick」の本体ストレージは「8GB」(実際に使える容量はこれよりも少なくなります)。ゲームなどもありますが、なんでもかんでもダウンロードしていけるほどストレージは大きくないので厳選していくようにしましょう。

動画サービス以外に、SpotifyやTuneIn、AWAといった音楽サービスのアプリもリリースされています。

対応しているエンタメコンテンツ

Fire TV Stickは、たとえば以下のサービスに対応しています。アプリをダウンロードして、さらに多くのエンターテインメントを楽しむこともできます。

動画

スポーツ

新聞・ニュース

音楽

Fire TV Stick に月額料金は発生する?

「Fire TV Stick」自体の料金は機器の購入時のみ。以降、料金が発生することはありません。

料金がかかるのは利用する動画サービスに関して。たとえばYouTubeやAbemaTV、ニコニコ、GYAO!など、無料で視聴できるサービスに関しては無料で利用することができます。

HuluやNetflix、U-NEXTなどのサブスクリプションサービスを見ようと思えば当然ながら料金が発生します。Amazonプライム会員特典の「プライム・ビデオ」は、プライム会員であれば追加料金なしで利用することができます。

様々な動画サービスを視聴できる「Fire TV Stick」ですが、特に「プライム・ビデオ」と深く連携しています。Amazonプライム会員になっておくと思い切り楽しむことができます。

おわりに

というわけで「【Fire TV Stick】何ができる?テレビとの接続方法や使いかた、視聴できる動画配信サービス」という話題でした。最近のテレビにはHDMI端子は標準でついているので、あとはインターネット環境(Wi-Fi環境)があれば、「Fire TV Stick」をつなげて様々な動画サービス・音楽サービス等を楽しめるようになります。

値段が安いのでリモコン操作のレスポンスやストリーミング配信の品質など満足できるのかが不安でしたが、問題なく使えています。現行モデルは「Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)」が付属して4,980円。正直、お得です。

小型で持ち運びしやすく、自宅だけでなく旅行や帰省時にも活躍します。

対応している動画配信サービスも多いですし、スマホやタブレット、PCだけでなく、テレビの大画面で観たいと考えているのであれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。Amazonのサービスと深く連携しているので、同時に「Amazonプライム」も加入しておくとより楽しめます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible