【比較】『Fire TV Stick 4K Max』登場、Wi-Fi6対応など従来モデルとの違いや変更点・進化したポイント

Amazon から 2021 年 10 月 7 日、ストリーミング端末「Fire TV」シリーズの新機種『Fire TV Stick 4K Max』が発売されました。価格は6,980円(税込)。

以前のモデルから進化した点や仕様比較について紹介しています。

  • よりパワフルになった Fire TV Stick 4K Max 登場
  • 次世代 Wi-Fi 6 対応
  • Prime Video、Netflix、Disney+、HuluU-NEXTDAZNなど多くのサービスを視聴可能

『Fire TV Stick 4K Max』は世界累計 1 億台以上販売された、最も売れているストリーミング端末「Fire TV」シリーズの新機種。

従来の『Fire TV Stick 4K』と比べ 40% パワフルになり、1.8GHz クアッドプロセッサと 2GB RAM を搭載してこれまでよりもアプリの起動が速く、コンテンツ検索やアプリ切り替え等の動作も滑らかになりました。

さらに Fire TV シリーズとしてはじめて最新の Wi-Fi 規格である Wi-Fi 6 に対応。より高速な通信速度に対応したことで、高精細な 4K コンテンツも滑らかに再生することができます(Wi-Fi 6 の利用には Wi-Fi 6 対応ルーターが必要です)。

映像は 4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+ に対応。オーディオは Dolby Atmos に対応。

Fire TV シリーズの比較

従来モデルとの比較は次の通りです。40% パワフルになったことで動画検索やアプリなどの基本動作がサクサクより滑らかに。また従来の Wi-Fi 5(11ac)と比べ約 1.4 倍高速な Wi-Fi 6(11ax)に Fire TV シリーズとして初めて対応。高解像度の動画も安定して観られるようになりました。

 Fire TV Stick
第3世代 (2020)
Fire TV Stick 4K
第1世代 (2018)

Fire TV Stick 4K Max
第1世代 (2021)
Fire TV Cube
第2世代 (2019)
価格4,980円6,980円6,980円14,980円から
映像最大1080p(HD)
HDR
HDR10
HDR10+
HLG
-
4K Ultra HD
HDR
HDR10
HDR10+
HLG
Dolby Vision
4K Ultra HD
HDR
HDR10
HDR10+
HLG
Dolby Vision
4K Ultra HD
HDR
HDR10
HDR10+
HLG
Dolby Vision
出力-
1080p
720p

最大60fps
2160p
1080p
720p

最大60fps
2160p
1080p
720p

最大60fps
2160p
1080p
720p

最大60fps
オーディオDolby AtmosDolby AtmosDolby AtmosDolby Atmos
プロセッサクアッドコア
1.7GHz
クアッドコア
1.7 GHz
クアッドコア
1.8GHz
ヘキサコア
2.2GHz (x4) + 1.9GHz (x2)
メモリ(RAM)1 GB1.5 GB2 GB2 GB
ストレージ8 GB8 GB8 GB16 GB
Wi-Fi 6 対応
テレビ背面
にすっきり収納
内蔵スピーカー
Alexa
ハンズフリー
Alexa
リモコン長押し

アプリをダウンロードできる Android TV 等も増えていますが、そうでない場合、様々なサービスに対応し HDMI に差し込むだけで簡単にテレビに接続できる「Fire TV」のような端末は非常に役立ちます。

4Kコンテンツもじわじわ増えてきていますし、これから Fire TV Stick を購入するのであれば従来モデルと価格が変わらない『Fire TV Stick 4K Max』はオススメできます。

また第2世代『Fire TV Stick』を使っていてそろそろ動作が重たくなってきたなどという場合も、買い替えにオススメのモデルです。

Amazon Prime

share