EA、広報発言を撤回。「Wii U向けタイトルも開発している」

広報の開発休止発言やスタッフによるTwitter上での中傷など、ここ最近任天堂との関係が冷え込んでいる事が伝えられているElectronic Artsですが、インターネット・メディア・コミュニケーションカンファレンス「Stifel Nicolaus 2013」において、EAのCFOであるBlake Jorgenson氏は、Wii U向けにもソフト発売計画があることを明らかにしました。


「(Wii Uにおける)任天堂のビジネスは、Wiiのそれをより拡張するものだと考えています。PSやXbox向けほどではありませんが、我々は任天堂コンソール向けにもタイトルを制作しています」

先日は広報から「Wii U向けの開発は行なっていない」と伝えられましたが、より立場が上のCFOから、その発言を否定する情報が伝えられました。無闇に任天堂との関係を悪化させる必要は無いわけですから、最近の騒ぎの沈静化に動いたともとれますし、また立場が違えば把握できる情報も異なりますから、実際に何かしら準備しているタイトルがあるのかもしれません。ただ今のところEAから新たなWii U向けタイトルの発表はありません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。