EA、『FIFA 20』のプレイヤー数が3,500万人規模に到達

米エレクトロニック・アーツは現地時間 11 月 5 日に 2021 年 3 月期の第 2 四半期決算を発表。新作の発売スケジュールや新型コロナウイルスの影響で前年と比べパッケージ販売が減少しましたが、デジタルが伸長したことでいくらか相殺。7-9月の売上高は事前の予想を上回り、前年比14%減の11.5億ドルでした。純利益は78%減の1.8億ドル。前年は一時的な税制優遇措置がありました。

EA、スペイン「ラ・リーガ」との今後10年におよぶパートナーシップを締結。『FIFA』に本物が独占提供

エレクトロニック・アーツとスペインのプロサッカーリーグ「ラ・リーガ (LaLiga) 」、リーガ・エスパニョーラは現地時間6月24日、『EA SPORTS FIFA』シリーズにおける今後10年におよぶパートナーシップに合意したと発表しました。 パートナーシップの更新により、EA SPORTS はラ・リーガの独占的な公式ビデオゲームパートナーであり続けると同時に、2つの組織は世界をリードするサッカー

Switch版『Apex Legends』はモーション操作をサポートしジャイロエイムに対応、見た目もよく上手く動作している

EA PLAY にてエレクトロニック・アーツと Respawn Entertainment から発表された、『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)の Nintendo Switch 対応。PlayStation 4 や Xbox One、PC でリリースされているタイトルをスイッチへ対応させるということで、どの程度のパフォーマンスで遊ぶことができるのかは非常に気になるところです。

噂:EAがSwitch向けに予定しているタイトルには『NFS』や『Plants vs. Zombies』、Velanのデビュー作が含まれる

今後12か月内に7タイトルをNintendo Switchで発売する計画を明らかにしているエレクトロニック・アーツ。うち3タイトルはまだ発表されておらずヴェールに包まれており、EAのライブラリから想像をめぐらせている段階です。 『The Sims』や『Titanfall』、『Madden』、あるいは『Star Wars』ゲーム? 海外メディアVentureBeatは関係筋からの情報をまとめ残る3タ

EAのNintendo Switch対応強化はより多くのファンへゲームを届ける方針の一環、クロスプレイも推進

いつでも、どこでも……あれ? 先日、基本プレイ無料のバトロワFPS『Apex Legends』をNintendo Swtichに対応させると発表したエレクトロニック・アーツ(Electronic Arts, EA)。毎年発売してきた『FIFA』シリーズの最新作『FIFA 21』だけでなく、『Burnout Paradise: Remastered』や『Lost in Random』も含め7タイトル

EA、Nintendo Switch対応を強化し今後12か月以内に7タイトルを発売

今年度はNintendo Switchへのサポートを強化していくと発言し、実際にEA Playで『FIFA 21』『Lost in Random』『Apex Legends』のNintendo Switch対応を発表したエレクトロニック・アーツ。 以前から発表されている『Burnout Paradise: Remastered』とあわせてこれで年度内のタイトルは4タイトルになりました。これまでのE

『Apex Legends』スイッチ版の発売時期や特徴、他機種版との違い

「EA Play Live June 2020」にて、現在 PlayStation 4 / Xbox One / PC (Origin) 向けに配信中の基本プレイ無料ソフト『Apex Legends』(エーペックスレジェンズ)が、この秋 Nintendo Switch と PC (Steam) にも対応することが発表されました。 EAは今年度(2020年4月〜2021年3月)、Nintendo S

『FIFA 21』は10月発売、現行機種からPS5/XSXへの無償アップグレード可能

エレクトロニック・アーツから『FIFA』シリーズの最新作『FIFA 21』が発表されました。発売日は10月9日。 対応プラットフォームは PlayStation 4 / Xbo One / Nintendo Switch / PC (Steam、Origin) / Google Stadia。Stadia 対応は冬予定。 年内には PlayStation 5 / Xbox Series X にも対

EA、21年3月期はNintendo Switchへのサポートも強化「複数タイトルを発売」

米エレクトロニック・アーツは5月5日、2020年3月期の第4四半期(Q4、2020年1-3月)および通期決算(2019年4月-2020年3月)を発表しました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響が世界に広まった1〜3月ですが、巣ごもり需要の拡大はゲーム業界にとってプラス。“Stay Home, Play Together” を掲げたEAのQ4業績も前年と比べプラスとなり、売上高は12%増の13億8,