EA、「Wii Uタイトルは現在開発していない」

oh…バッドニュース。『FIFA』『Battlefield』『Mass Effect』『Madden NFL』など複数の大規模タイトルを抱える世界的なパブリッシャーの1つ、エレクトロニック・アーツですが、現在Wii U向けタイトルを開発していない事が明らかになりました。


EAの広報Jeff Brown氏は海外サイトKotakuに対し、「現在、EAがWii U向けに開発しているゲームはありません」と伝えたとのこと。

Brown氏は今後、EAがWii U向けソフト開発を再開していく可能性について否定しなかったものの、今現在は、任天堂コンソールと明確に距離を置くスタンスにあるようです。E3 2011のWii U発表時には任天堂と協力していく姿勢を明らかにし、Wii Uローンチにも(移植とはいえ)タイトルを揃えてきたEAだったのですが、関係は悪化しているようです。

EAは先日、スーパーファミコン時代より20年以上続いていた任天堂機向けの『Madden NFL』シリーズ提供を一時休止することを発表、また『FIFA』シリーズに関しても現在までWii U向け新作情報はありません。さらに、モバイルへも対応していく「Frostbite Engine」についても、Wii Uへの対応は無いとされ、次期『NEED FOR SPEED』や『Battlefield』、『Mass Effect』含む15タイトルほどの「Frostbite 3」採用タイトルがWii U非対応と言われています。

UbisoftやWarnerはまだWii Uに友好的で、マルチプラットフォームタイトルで対応するなどしていますが、多彩なジャンルを網羅しているEAの離脱、特に替えのきかないスポーツジャンルが欠落する影響は、スポーツの盛んな欧米においてクリティカルな問題となっていきそうです。岩田社長が任天堂アメリカのCEOも兼務することで冷え切った関係を修復していけるのかどうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。