【比較】『スターオーシャン セカンドストーリー R』リメイク版の追加要素や変更点、原作との違い


STAR OCEAN THE SECOND STORY R(スターオーシャン セカンドストーリー R)

 

トライエースが開発しエニックス(現スクウェア・エニックス)が1998年にプレイステーションで発売したSFファンタジーRPG『スターオーシャン セカンドストーリー』が現行プラットフォーム向けにフルリメイク。『STAR OCEAN THE SECOND STORY R』として2023年11月2日に発売されました。

対応プラットフォームはNintendo Switch / PlayStation 4 / PlayStation 5 / PC(Steam)。

シリーズの中でも人気の高い『スターオーシャン セカンドストーリー(スターオーシャン2)』が、多くの追加要素を収録して再び登場。

リメイク版の開発はジェムドロップ(元トライエースの北尾雄一郎氏が代表)が担当しています。同社は『STAR OCEAN Second Evolution』PS3/PS4/PS Vita版も担当していました。

『スターオーシャン2』がフルリメイク

1998年にPlayStation で発売された『スターオーシャン セカンドストーリー』が現行機向けにフルリメイク。多くの追加要素を収録して再登場しました。3Dフィールドと2Dドット絵のキャラクターが融合したグラフィックはさらに美しく、キャラクターイラストも原作に準拠して新たに描き起こされています。プレイヤーキャラクターボイスは原作声優により全イベントがフルボイスで初収録。バトルもにぎやかになりました。

リメイク版の新規要素・変更点

3Dと2Dが融合した新たなビジュアル

フィールドや街、ダンジョンなどすべてのマップが刷新。美しく生まれ変わった 3D フィールド上で、懐かしみのある 2D ドット絵キャラクターが動き回ります。3D フィールドの上に 2D キャラが浮いているのではなく、しっかりと溶け込んで見えるようライティングや効果も工夫されています。

STAR OCEAN THE SECOND STORY R(スターオーシャン セカンドストーリー R)

フィールドマップでは仲間キャラと一緒に移動することも可能に。移動中は仲間との会話も見ることができ、一緒に冒険している臨場感をより感じられるようになっています。

オリジナル声優で全イベントフルボイス収録

すべてのイベントがオリジナル声優によりフルボイスで初収録。原作時点では表現できなかった演出がリメイク版にて実現しています。さらに2008年の『スターオーシャン2 Second Evolution』のキャラクターボイスも収録。キャラクターごとにいつでも好みのボイスを選択することができます。

「梶本 ユキヒロ」氏による原作準拠の描き下ろしキャラクターイラスト

STAR OCEAN THE SECOND STORY R(スターオーシャン セカンドストーリー R)

原作ではこいおみなと氏によって描かれていたキャラクター。リメイク版ではスターオーシャンシリーズで多くのイラストを手掛けた梶本ユキヒロ氏の手によって全 13 体のプレイヤーキャラクターイラストとNPCのイラストが刷新されています。オリジナルのデザインを継承しつつ、原作のイメージがより鮮明に表現された新たなデザインで登場します。

BGMも強化。リアルバンドサウンド。全BGMを「桜庭統」氏がリメイク

オリジナル版でBGMを手掛けた桜庭統氏により、BGMも全面的にリメイクされています。バトル曲はすべてバンドサウンドで再構築されているほか、フィールドやムービーの楽曲もストリングスなどが追加されより豪華にスケールアップ。

バトルはシンボルエンカウントに

バトルはフィールド上に敵の姿が表示されるシンボルエンカウント方式へと変更され、これにより敵を避けながら進むことも可能に。自分たちを狙う敵が複数になると「エネミーリンク」が発生。この状態でバトルに入るとリンクした分だけ戦闘することになりますが、その分経験値も多く獲得することができます。

「誰でも簡単」「ド派手に爽快」が最大の魅力であるSO2のバトル。ボタンひとつでど派手な技を繰り出すことができ、爽快感あるリアルタイムアクションバトルを楽しむことができます。

STAR OCEAN THE SECOND STORY R(スターオーシャン セカンドストーリー R)

リメイク版では「ブレイク」や「アサルトアクション」といった新システムも搭載。オリジナル版のバトルの楽しさをさらに強化する方向へと進化しています。

その他

がっつり遊びたい人はもちろん、タイパ重視のゲームプレイにも対応するよう、システム面でも調整がなされています。


この記事をシェアする

Next

Previous