【比較】『呪術廻戦 戦華双乱』Nintendo Switch版の特徴や他機種版との違い、『呪術廻戦』を題材とする2v2対戦アクション


呪術廻戦 戦華双乱 Jujutsu Kaisen: Cursed Clash

 

2024年2月1日、『呪術廻戦 戦華双乱』を題材とする2v2の対戦アクションゲーム『呪術廻戦』がバンダイナムコエンターテインメントから発売されました。

対応プラットフォームは Nintendo Switch / PlayStation 5 / PlayStation 4 / Xbox Series X|S / Xbox One / PC(Steam)。PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One / Steam版はダウンロード専売。

開発を担当するのは『僕のヒーローアカデミア One’s Justice』シリーズなど数々の対戦アクションゲームを手がけてきたバイキングと『STAR OCEAN THE SECOND STORY R』などのジェムドロップ。

『呪術廻戦』題材の2対2 呪術連携アクションゲームが登場

『呪術廻戦 戦華双乱』は『呪術廻戦』に登場する呪術師や呪霊たちが理想のタッグを組んで、“呪術”を使いこなしてバトルを繰り広げる2対2の対戦アクションゲーム(呪術連携アクションゲーム)。

プレイヤー同士で共闘しながら戦いの中で強くなり、より強力になった呪術や領域展開で相手プレイヤーを打ち倒す、『呪術廻戦』ならではの迫力溢れるバトルを楽しめます。

TVアニメシリーズ第1期から『劇場版 呪術廻戦 0』までに登場する全 16 キャラクターが参戦。虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇、五条悟などのメンバーに加えて、漏瑚や花御なども登場。

アニメでの戦いを再現したり、理想のタッグを組んだりすることも可能です。

スペック比較

各プラットフォームの画面解像度やフレームレートなどの公式発表スペックは以下の通り。

PS5PS4Nintendo SwitchXbox Series X|SXbox OneSteam
画面解像度3840×2160PS4: 1920×1080
PS4Pro: 1920×1080
TV: 1920×1080
携帯: 1280×720
Series X: 3840×2160
Series S: 1920×1080
Xbox One: 1920×1080
Xbox One X: 1920×1080
1920×1080
最大: 3840×2160
4K・HDR対応4K: ✗
HDR: ✗
4K: ✗
HDR: ✗
4K: ✗
HDR: ✗
4K: ○(Series Xのみ)
HDR: ✗
4K: ✗
HDR: ✗
4K: ○
HDR: ✗
フレームレート60fps最大60fps最大30fps60fps最大60fps最大無制限
オンラインオンライン対戦: 1〜4人
オンライン協力: 1〜2人
ローカル通信プレイ非対応
互換性PS5への後方互換Switch Lite対応XSXへの後方互換
セーブデータPS4→PS5Smart DeliverySmart Delivery
その他備考おすそわけ ✗Xinput

DirectInput

Nintendo Switch をはじめ多くのハードに対応する『呪術廻戦 戦華双乱』。PS5 や Xbox Series X、PCでは 2160p / 60fps でゲームを楽しむことができます。

ニンテンドースイッチ版はTVモード時に1080p、テーブルモード・携帯モード時は720pでの表示となります。フレームレートは最大30fps。

PS4 / Xbox One は画面解像度 1080p、最大60fps。

オンライン

『呪術廻戦 戦華双乱』にはオンラインモードが搭載。オンライン対戦時は最大4人、オンライン協力時は最大2人まで参加してゲームプレイが可能です。

なおオンラインプレイにはプレイする環境によって PlayStation Plus / Nintendo Switch Online / Xbox Live Gold または Xbox Game Pass Ultimate への加入が必要になります。

異なるハードでオンラインプレイできるクロスプラットフォームのマッチングは非対応。

ローカル通信プレイにも対応していません。オフラインは1人までなので協力、対戦プレイがしたいときはオンラインを介して行うことになります。


share