【NPD】2023年1月の米ゲーム市場はPS5がハード販売1位、ソフトは『Dead Space』を抑え『CoD:MW2』が4か月連続首位


NPD 米国ゲーム市場規模 2023年1月

 

NPDグループから 2023 年 1 月の米国ゲーム市場規模が報告。出荷数量が増えているソニーの PlayStation 5 が販売台数・売上高ともにトップに立ったことが明らかになりました。販売台数・売上高両方で2 位となったのは Nintendo Switch、Xbox Series X|S は3位でした。市場全体の売上高は2022年1月と比べ5%減少して43億4,700万ドルでした。

米国ゲーム市場規模 2023年1月

2023年1月 米国ゲーム市場規模(1月1日〜1月28日週)
  • トータル売上高 : 43億4,700万ドル(▲5%)
  • コンテンツ : 37億8,800万ドル(▲5%)
  • ハードウェア : 3億9,300万ドル(+0%)
  • 周辺機器・アクセサリ : 1億6,500万ドル(▲14%)

コンテンツには家庭用ゲームに加えクラウド・モバイル・携帯機・PC・VRプラットフォームのパッケージ版ソフト、デジタル版ゲーム本編、DLC/MTX、サブスクリプションが含まれます。モバイルのデータはSensor Tower提供

2023年1月の米国ゲーム市場はコンテンツや周辺機器市場の減少により2022年1月と比べて5%のマイナスとなりました。モバイルコンテンツやパッケージ版ゲームソフト、コントローラーへの支出の減少が主な減少要因でした。

ソフトウェア : 『Dead Space』を抑え『CoD:MW2』が4か月連続の1位に

2023年1月 月間トップ20

  1. (1) Call of Duty: Modern Warfare 2 (2022) – Activision Blizzard
  2. (–) Dead Space (2023) – Electronic Arts
  3. (4) Madden NFL 23 – Electronic Arts
  4. (5) FIFA 23 – Electronic Arts
  5. (-) Fire Emblem Engage (ファイアーエムブレム エンゲージ)* – 任天堂
  6. (7) Elden Ring (エルデンリング) – バンダイナムコエンターテインメント
  7. (–) Forspoken (フォースポークン) – スクウェア・エニックス
  8. (3) God of War: Ragnarök – SIE
  9. (–) One Piece Odyssey (ワンピース オデッセイ) – バンダイナムコエンターテインメント
  10. (2) Pokémon: Scarlet / Violet (ポケットモンスター スカーレット・バイオレット)* – 任天堂
  11. (36) The Last of Us: Part I – SIE
  12. (6) Sonic Frontiers (ソニックフロンティア) – セガ
  13. (68) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
  14. (9) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  15. (14) Minecraft – 複数メーカー
  16. (8) Need for Speed: Unbound – Electronic Arts
  17. (12) Just Dance 2023 Edition – Ubisoft
  18. (11) NBA 2K23* – Take-Two Interactive
  19. (21) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  20. (23) NHL 23 – Electronic Arts

*デジタル販売を含まず

2023年1月の月間売上トップは『Call of Duty: Modern Warfare 2』(CoD: MW2)でした。発売月である2022年10月から4か月連続でトップを維持し市場を牽引する存在となっています。

新作トップは2位に入った『Dead Space』。2008年に発売された同名タイトルのリメイク作品。恐ろしい事件に巻き込まれ消息を絶った巨大採掘艦「USGイシムラ」を舞台とするSFサバイバルホラーです。1月27日発売のため集計期間はわずか2日でしたが、それでもこの順位に。任天堂の新作『ファイアーエムブレム エンゲージ』は新作ソフトで2位、全体では5位に入りました。任天堂ソフトはデジタル売上が反映されていないため、加えた場合にはより大きくなる可能性があります。

新作3位はスクエニの大型新作魔法アクションRPG『フォースポークン』、ワンピース新作の『ワンピース オデッセイ』は9位でデビューしました。

このほかドラマ人気を受けて『The Last of Us』のPS5向けフルリメイク『The Last of Us: Part I』が浮上。前月36位から今月11位までジャンプアップをはたしています。PS/Xbox対応をはたした『モンスターハンターライズ』も前月68位から今月13位に順位を大幅に上げています。

HBOオリジナルドラマ『THE LAST OF US』(ラストオブアス)は国内では U-NEXT で独占配信中。

U-NEXT(ユーネクスト)を無料体験

ハードウェア : スイッチを抑えた PS5 が台数・売上高両方で1位

ハードウェア市場は前年並みの3億9,300万ドルでした。トップは PlayStation 5 で、1月は販売台数・売上高の両方で1位に。2位につけたのは Nintendo Switch、Xbox Series X|S はいずれの指標でも3位でした。PS5とNintendo Switchに対する支出は前年同月と比べ増加したものの、Xboxが減少したことで相殺されるかたちとなりました。

Amazon で PlayStation 5 本体をチェック

周辺機器・アクセサリ : コントローラーが売上減

周辺機器・アクセサリ市場は14%減少して1億6,500万ドルに落ち込みました。コントローラーが単価が高く需要も大きい中で、1月はそのコントローラーへの支出が減少。これが全体の減少分の大半を占めているということです。ただ 1 月の売上トップは PS5 DualSense ワイヤレスコントローラー(ミッドナイトブラック) でした。


この記事をシェアする

Next

Previous