【メトロイドプライム】リマスター版のレーティング審査は2021年に行われていた


 

何年もの間その存在が噂されていた『メトロイドプライム』のリマスターが 2023 年 2 月 9 日、Nintendo Direct にて Nintendo Switch 向けに発表された後、即日配信開始となりました。

ついに発売された『メトロイドプライム リマスタード』ですが、今回のサプライズリリースは本来意図されたタイミングではないかもしれません。任天堂はかなり早い段階から本作の発売の準備を進めていたことが明らかになっています。

ドイツのレーティング機関 USK(Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle)によると『メトロイドプライム リマスタード』がレーティング審査を通過したのは「2021年7月27日」でした。発売から 18 か月も前の時点で登録されていたことになります。

ほとんどのタイトルはレーティング審査から数カ月後には発売を迎え、ここまで時間がかかるのはそう多くありません。

発売が2023年になった理由はいくつか考えられます。本作に発売までに修正が必要なバグが見つかった、最新作『メトロイドプライム4』の開発進捗との兼ね合い、その他タイトルとのスケジュール調整、Nintendo Switch プラットフォームの注目度を保つため発売時期をずらした、など。推測の域を出ませんが。

任天堂タイトルでは2023年1月タイトルの『ファイアーエムブレム エンゲージ』も、2021年のうちにレーティング審査を通過していたことが明らかになっています。


この記事をシェアする

Next

Previous