『ゴーストトリック』がスイッチを含む現行機で2023年夏復活、高解像度・高フレーム、より深く楽しめる追加要素も


Ghost Trick ゴーストトリック

 

2010年にカプコンから発売されたニンテンドーDS用ソフト『ゴースト トリック』(Ghost Trick: Phantom Detective)が、2023年夏にリマスターされ復活。Nintendo Switch / PlayStation 4 / Xbox One / PC(Steam) で発売されます。

『ゴースト トリック』は『逆転裁判』シリーズの生みの親である巧舟氏が手がける、死から始まるミステリーアドベンチャー。何者かによって命を奪われタマシイとなった主人公が、さまざまなモノにとりついたり操ったりする能力を駆使し、タマシイ消滅のタイムリミット、夜が明ける前に自らの死の謎を解き明かします。

『ゴースト トリック』2023年版の特徴

2023年版『ゴースト トリック』は現行機に合わせて高解像度・高フレームレートに対応。ユーザーインターフェースも1画面で快適に操作できるように最適化されています。さらに対応言語に繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語が追加され計9言語で楽しむことができます。

ゲームを進めることでさまざまなアート・イラストやBGMを集められるコレクション機能「イラストアツメ」「BGMアツメ」が追加。集めたイラストやBGMはゲーム内のメニューからいつでも視聴可能です。本邦初公開の設定画や、名場面とともに音楽が聴けたりなど、『ゴーストトリック』の世界をより深く楽しめます。

またスマホ版で好評だった動くピースを入れ替えてワンシーンを再現する「ゴーストパズル」や、設定されたさまざまな条件の達成を目指す「チャレンジ」も追加。各章をクリアする、特定区間を1度も死亡させないなどのお題に挑戦することができます。


この記事をシェアする

Next

Previous