Nintendo Switch販売台数、据置機として米国で歴代4位に。PS2やWiiなどに次ぐ普及ペース


Nintendo Switch(有機ELモデル)

 

2022 年 3 月で発売開始から 5 周年を迎え、6年目に入っても世界的にセールス好調な任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)。

任天堂の家庭用ゲーム機としては異例の販売ペースが続いており、米国でもそれは変わりません。

NPD グループの集計によると、米国における Nintendo Switch の累計販売台数は、ついに歴代4位になりました。

Nintendo Switch、米国で歴代4番目に売れたハードとなる

ついに PlayStation 4 を上回る累計販売台数となった Nintendo Switch。据置型ゲーム機として史上 4 位の規模になっているそうです。家庭用ゲーム機全体で見た場合には 6 位となりました。

米国で最も普及した据置型ゲーム機 歴代トップ3は

NPDグループのアナリスト Mat Piscatella 氏によれば、米国における据置型ゲーム機の累計売上トップ3は PS2、Xbox 360、Wii。

Nintendo Switch はこれらゲーム史に残るハードに続いています。

  1. PlayStation 2
  2. Xbox 360
  3. Wii
  4. Nintendo Switch

Switch、2022年4月も売上トップ

Nintendo Switch も他社と同じく供給問題に直面していますが、2022年4月も販売台数トップをキープ。2022年1-4月もトップを走っています。2位はXbox Series X|S、PlayStation 5はハード供給に最も悩まされています。

とはいえ、金額ベースで見ると 4 月のトップは PS5 でした。Xbox Series X|S と Nintendo Switch は僅差でこれに続いています。2022年1-4月の売上高トップは Xbox Series X|S で、PS5 と Nintendo Switch が追う展開となっています。

各社複数モデルを展開しており、PS5 は最も販売単価が高く、そのことから販売台数は他社より少なくても売上高が大きくなっています。Xbox Series X|S は廉価版の Series S があり、Nintendo Switch はもともと他社より安く、携帯特化の Lite も販売。

半導体不足や物流網の混乱はまだ続いているものの、4月はその懸念が一部後退。2021年4月と比べ2022年4月は全体的に売上が増加し、16%増の3億4,300万ドルでした。ただ年間ではまだマイナスが続き9%減の15億ドル。


この記事をシェアする

Next

Previous