【比較】『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』特徴や機種ごとの画質の違い

LEGO Star Wars: The Skywalker Saga レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ

Warner × TT Games による『LEGO』ビデオゲームシリーズの最新作『Lego Star Wars: The Skywalker Saga』(レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ)が 2022 年 4 月 5 日に世界発売。映画『スター・ウォーズ』シリーズ、エピソード1「ファントム・メナス」からエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」までの 9 作品にまたがる過去最大規模の壮大な物語を、レゴならではのユーモアを交えて追体験できるアクションアドベンチャーゲームです。

PC / Nintendo Switch / PlayStation 5 / PlayStation 4 / Xbox Series X|S / Xbox One で発売された本作。最新世代から前世代まで対応していますが、機種ごとのパフォーマンスはどのくらい違うのでしょうか。

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』とは

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』は映画『スター・ウォーズ』シリーズ 9 作品を、レゴならではのユーモアとともに追体験できるアクションアドベンチャーゲーム。

300人を超えるキャラクターや乗り物、惑星などが登場するほか、これまでのレゴゲームにない没入感のある新しい戦闘メカニクスも追加。「レゴ スター・ウォーズ」の銀河系でプレイヤーは、スカイウォーカー・サーガの忘れられない瞬間や、ノンストップアクションを体験できます。

ルーク・スカイウォーカー、レイ、オビ=ワン・ケノービ、フィン、BB-8などのヒーローや、ダース・ベイダー、パルパティーン皇帝、カイロ・レンなどダークサイドとしてプレイすることも可能です。

  • 「スター・ウォーズ」9作品の壮大な物語を追体験
  • シリーズの代表的なヒーローやヴィランでプレイ : 銀河中から300種類以上のプレイアブルキャラクターが集結。
  • 数々の伝説的なロケーション : 20以上もの惑星をシームレスに移動でき、サーガのストーリーや各種クエストを自由にプレイ。
  • 強力な乗り物を操縦 : 銀河中に存在する 100 種類以上の乗り物を操縦可能。
  • 名場面を再現するアクションバトル : さまざまな連鎖攻撃でコンボチェーンを作り、迫りくる攻撃をかわすなど、これまでのレゴゲームにない新感覚バトル体験

クロスプラットフォーム要素はある?

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』は2人までのマルチプレイに対応していますが、今のところローカルのみでありオンラインマルチプレイには対応していません。つまり他機種ユーザーと一緒に遊ぶクロスプレイにも対応していません。ただ機能改善のアップデートが計画されており、将来的にはマルチプレイにも手が加えられる可能性も、需要次第ではひょっとするとあるかもしれません。

またクロスセーブにも対応していません。

画質・フレームレート パフォーマンス比較

各機種の画質比較映像が公開されています。

  • PS5(30fpsモード) : 動的解像度 2160p
  • PS5(60fpsモード) : 動的解像度 1440p
  • PS4 : 1080p / 30fps
  • Xbox Series S : 動的解像度 1260p / 30fps or 60fps
  • Xbox Series X : 動的解像度 2160p / 30fps or 60fps
  • Switch(TVモード) : 720 / 30fps
  • Switch(携帯モード) : 576p / 30fps

『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』を大画面テレビの前で遊ぶ、美しい画面で没入感ある体験をしたい、あるいはマルチプレイが中心である場合に最もおすすめなのは Xbox Series X|S 版。上手く最適化されており、安定した高解像度&フレームレート & ロード時間でゲームを遊ぶことができます。Series X なら 4K 解像度かつ安定した 60fps でのゲームプレイが可能。最高の状態と比較すると PS5 版はやや落ち、60fpsで遊ぶためには 4K 解像度を諦めなくてはなりません。

Nintendo Switch 版は解像度やテクスチャ、シャドウ、ライティングなどビジュアル面での一部妥協を覚悟しなくてはなりませんが、新しいエンジンで新しいメカニックを備えた巨大なゲームを上手くスイッチモデルに落とし込んでいます。フレームレートは TV モードでも携帯モードでも固定 30fps。アイテム収集などの作業と携帯モードとの相性を考えると気軽にプレイできるスイッチ版も十分選択肢になり得ます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。