1995年にスーパーファミコンで発売されたアクションRPG『聖剣伝説3』が、25年の時を経て現行機種でフルリメイク。『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』(対応プラットフォーム :PlayStation 4/Nintendo Switch/Steam)として蘇ります。

6人のキャラクターの中から主人公1人と仲間2人を選び、その組み合わせによって物語が展開する「トライアングルストーリー」、また育成面においても「光」と「闇」に分岐していく、何度も楽しめる作りとなっているのが特徴。

『聖剣伝説3』はこれまでリマスターもされておらず、リメイクされるのは今回が初めて。リメイク版はオリジナル版からどのような進化・変化を遂げた内容となっているのでしょうか。

TGS2019トレーラー

進化形としてのリメイク

スーパーファミコン版『聖剣伝説3』は日本国内でのみ発売され、海外では発売されていませんでした(海外版『聖剣伝説コレクション』でようやくデビュー)。

元作品が海外で出ていなかったということもあり、『3』をオリジナル版を尊重した『聖剣伝説2』と同じ方向性でリメイクしても海外ファンには伝わらない。加えて、日本のファンからはリメイクするにあたっての期待も大きい。

そこで『3』らしさを残しつつも、“進化形としてのリメイク”が行われています。オリジナル版を遊んだユーザーでも新しい体験ができ、初めて遊ぶユーザーは現代風のゲームとして楽しんでもらえるよう制作されています。

各機種版の仕様比較

各バージョンの特徴は次の通りです(リメイク版は判明分)。

 SFCSwitchSwitchPS4
聖剣伝説3聖剣伝説コレクション - Switch聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - Switch聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ - PS4
グラフィック2D2D3D3D
プレイ人数1 - 2人1 - 2人1人
キャラクターボイス
サウンドアレンジ
全60曲をアレンジ収録
オリジナル音源
アレンジ楽曲と切り替え可能
バトルシステムの再構築

すぐに気がつくのはグラフィックの変化。原作は2Dドット絵でしたが、リメイク版はフル3D。現在『聖剣伝説』シリーズのイラストを手がけているHACCANさんのイラストが、画面内でそのまま動くよう表現されています。

またリメイク版では30人以上のキャラクターにボイスがついたり、アレンジ楽曲が収録。3Dに変わったことで、イベント演出も変化しているといいます。

バトルシーンはアクションRPGとしてアクション性が高められています。通常攻撃は「弱攻撃」「強攻撃」の2種類になり、組み合わせてコンボを出すことも可能。また「ジャンプ攻撃」も導入されました。キャラクターが成長するにつれ、使えるアクションも増えていきます。とはいえ、アクション“RPG”なので、キャラクターのレベルが上げていけば、プレイヤースキルはそこまで重要ではありません。

原作をNintendo Switchで遊ぶ

2017年に『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』のシリーズ3作品を1つにまとめた『聖剣伝説コレクション』がNintendo Switchで発売され、原点を遊べるようになりました。

中でも『聖剣伝説3』はシリーズ前2タイトルとは異なり、バーチャルコンソール展開などがなかったため、ようやく再訪機会が訪れました。

クイックセーブ機能が追加されているものの、その他の部分は基本的にオリジナル版そのまま。バーチャルコンソール的な、いわゆるベタ移植。

懐かしく、そして当時のスクウェアのドット絵技術の高さを感じられる表現豊かなグラフィック、音源で楽しむことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で